徳興里古墳(とくこうりこふん)は、朝鮮民主主義人民共和国平安南道南浦市江西区域徳興里に所在する古墳。

徳興里古墳
所属 sek
所在地 朝鮮民主主義人民共和国平安南道南浦市江西区域徳興里
位置 北緯38度57分39.00秒
東経125度26分49.00秒
座標: 北緯38度57分39.00秒 東経125度26分49.00秒
形状 封土墳(前後二室形式)
規模 石室全長8.2m
築造時期 5世紀初頭
被葬者 不明
世界遺産登録 2004年、高句麗古墳群
テンプレートを表示

概要編集

1976年に発見された壁画古墳であり、同年12月より発掘調査がおこなわれた[1][2]平壌市の南西に位置し、舞鶴山の南麓、大同江の北側に立地する[1][2]。封土墳であるが、封土は原型をとどめず、また、早い段階で盗掘にあったため、副葬品など遺物についての出土報告はないが、前後二室よりなる墓室内部にはほぼ全面に保存状態良好な壁画がほどこされており、その内容は従来例をみなかったものである点、そこに詳細な墨書による墓誌銘があり、さらに墓誌には紀年もともなっている点などからきわめて重要な考古資料となっている[1][2]

内部構造と壁画編集

内部に南向きの横穴式石室が築かれている[2]羨道、前室、甬道、玄室の順序に連接している前後二室構造で石室全体の長さは8.2mである[2]。石室は加工した石材を積み上げて制作されており、表面には漆喰がほどこされている[2]

前室の壁画は出行図、官吏伺候図などの被葬者(「鎮」)の生前における公的生活が描かれ、後室(玄室)の壁画には、家居宴飲図、仏教行事、供養図、流鏑馬図など生活の私的領域が表現されている[2][3]

被葬者編集

墨書の文面は、「鎮」という人物が被葬者で、77歳で死去し、本葬は永楽18年12月25日であり、佳き日佳き地を選んだうえでの葬送であり、福は子孫万世におよぶであろうというものであった[2]。「永楽」は高句麗19代の好太王(広開土王)の年号で、永楽18年12月は西暦409年1月に相当する[2][2]。「鎮」なる人物が仏教に帰依したことが墨書よりうかがえるが、この人物が高句麗人なのか漢人なのかについては見解が分かれている[1][3]

世界遺産登録編集

2004年、UNESCO蘇州会議において、他の平壌付近の主要な古墳とともに一括して「高句麗古墳群」の名称で世界遺産登録がなされている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

参考文献編集

  • 永島暉臣慎「高句麗古墳の流れと影響」『日本の古代6 王権をめぐる闘い』中央公論社、1986年10月。ISBN 4-12-402539-4

関連項目編集

外部リンク編集