徳野 涼子(とくの りょうこ、現姓:伊藤、1974年8月27日 - )は、日本の元プロビーチバレー選手(元インドアバレーボール選手)。日本ビーチ文化振興協会常任理事。

プロフィール編集

来歴編集

筑波大学時代まではインドアのバレーボールをプレー。卒業後、ダイキヒメッツに入り、ビーチバレーに転向。楠原千秋とペアを組み国内外を転戦。ビーチバレーの国内大会「BVJC」(ビーチバレージャパンサーキット)で数多くの優勝、準優勝を経験。2001年アジアサーキット2001フィリピン・マニラ大会、同タイ・トラン大会で優勝を飾り、クィーン・オブ・ザ・ビーチ2001のチャンピオンにも輝いた。2002年にはワールドツアー4位となり、アジア大会銅メダル獲得。 2004年アテネ五輪に出場した。

2006年引退。筑波大学大学院に通う傍ら日本ビーチ文化振興協会常任理事も務める。

2013年より愛媛県立学校の保健体育科教諭。

球歴編集

  • 所属チーム履歴
(バレーボール)松山市立雄新中学校聖カタリナ女子高等学校筑波大学
(ビーチバレー)ダイキヒメッツ(1997-2005年)
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴

主な戦歴編集

ビーチバレー編集

1998年
  • バンコクアジア大会 3位
2001年
  • グランドスラム オーストリア大会 4位
2002年
  • 釜山アジア大会 3位
2004年
  • ワールドツアー ギリシャ大会 5位
  • アテネ五輪出場 17位

関連項目編集

リンク編集