志水 義夫(しみづ よしを、1962年4月13日 - )は、日本国文学者東海大学教授。

志水 義夫
人物情報
生誕 (1962-04-13) 1962年4月13日(61歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 東海大学
配偶者 城崎陽子
両親 :志水富夫
学問
研究分野 上代文学
研究機関 東海大学
学位 文学博士
テンプレートを表示

人物 編集

東京都生まれ。父は国文学者・志水富夫(1930-2001)。妻は城崎陽子

1986年東海大学文学部北欧文学科卒業。1991年同大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期単位取得退学。2004年「古事記生成の研究」で國學院大學文学博士。東海大学文学部日本文学科助教授、教授。[1]

著書 編集

  • 『古事記生成の研究』おうふう、2004年。ISBN 4273033305
  • 『古事記の仕組み:王権神話の文芸』新典社新典社新書〉、2009年。ISBN 9784787961372
  • 『少年少女のクロニクルセラムンテツジンウルトラマン』新典社〈新典社新書〉、2013年。ISBN 9784787961624
  • 澁川春海谷重遠:双星煌論』新典社〈新典社選書〉、2015年。ISBN 9784787968203
  • ゴジラ傳:怪獣ゴジラの文藝学』新典社〈新典社選書〉、2016年。ISBN 9784787968296
  • 魔法少女まどか☆マギカ講義録:メディア文藝への招待』新典社〈新典社新書〉、2017年。ISBN 9784787961716

共著編 編集

論文 編集

脚注 編集

  1. ^ 『澁川春海と谷重遠』著者紹介

外部リンク 編集