応庵曇華(おうあん どんげ、崇寧2年(1103年) - 隆興元年6月13日1163年7月15日))は、臨済宗虎丘派に属する宋代の禅僧である。虎丘下2世。

応庵曇華
崇寧2年 - 隆興元年6月13日
1103年 - 1163年7月15日
生地 蘄州黄梅県
宗派 臨済宗虎丘派
寺院 天童山
虎丘紹隆
弟子 密庵咸傑、凰山守詮、禾山心鑑
祥符善登、智者 満、何山 煥
南 書記、侍郎李浩、厳朝康教授
著作 応庵和尚語録
テンプレートを表示

崇寧2年(1103年)に蘄州黄梅県にて生誕する。俗姓は江氏。17歳にして東禅寺にて仏門に入り、随州水南太平興国禅院の水南守遂に就く。後、圜悟克勤に参禅し、その命により虎丘紹隆の許でその法を継いだ。諸方に歴住して慶元府の天童山住持となり、大慧宗杲と共に済下の二甘露門と称された。隆興元年(1163年)6月13日寂。法臘43年。著名な法嗣に密庵咸傑がいる。語録として応庵和尚語録がある。

参考文献編集

  • 禅学大辞典編纂所 編 『新版 禅学大辞典』pp.958-959 1985年
先代
虎丘紹隆
臨済宗虎丘派
1136 - 1163
次代
密庵咸傑