明州(めいしゅう)は、中国およびベトナムにかつて存在した

唐の開元年間に設置された明州編集

本節では開元年間から南宋紹熙年間にかけて現在の中国浙江省寧波市一帯に設置された明州について述べる。

738年(開元26年)、により越州鄮県に明州が置かれた。742年天宝元年)、明州は余姚郡と改称された。758年乾元元年)、余姚郡は明州の称にもどされた。明州は江南東道に属し、鄮・奉化慈渓翁山の4県を管轄した[1]

1194年(紹熙5年)、南宋により明州は慶元府に昇格した。慶元府は両浙路に属し、・奉化・慈渓・定海象山昌国の6県を管轄した[2]

1277年至元14年)、により慶元府は慶元路と改められた。慶元路は江浙等処行中書省に属し、録事司と鄞・慈渓・定海・象山の4県と奉化州昌国州の合わせて1司4県2州を管轄した[3]1367年朱元璋により慶元路は明州府と改められた。

1381年洪武14年)、により明州府は寧波府と改称された。

南朝梁により設置された明州編集

本節では南朝梁からにかけて現在のベトナムハティン省一帯に設置された明州について述べる。

南朝梁の武帝のとき、交州から交谷県を分割して明州が置かれた。605年大業元年)、隋により明州は廃止され、驩州に編入された[4]

唐の武徳年間に設置された明州編集

本節では唐の武徳年間から貞観年間にかけて現在のベトナムハティン省一帯に設置された明州について述べる。

622年(武徳5年)、南徳州越裳県に明州が置かれた。明州は越裳・万安明弘・明定の4県を管轄した。639年(貞観13年)、明州は廃止された[5]

唐の貞観年間に設置された明州編集

本節では唐の貞観年間に現在の中国貴州省銅仁市一帯に設置された明州について述べる。

647年(貞観21年)、唐により西趙蛮の地に明州が置かれた。その首領の趙磨を明州刺史とした[6]

脚注編集

  1. ^ 旧唐書』地理志三
  2. ^ 宋史』地理志四
  3. ^ 元史』地理志五
  4. ^ 隋書』地理志下
  5. ^ 『旧唐書』地理志四
  6. ^ 『旧唐書』南蛮伝による。『新唐書』南蛮伝下は「趙酋摩」とする。