性依存症(せいいぞんしょう、: sexual addiction)は、性的な行動に対する依存症嗜癖)のひとつ。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。

概要編集

頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることもあるが、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為への過度な耽溺、強迫的な売買春乱交露出や覗き行為、性的ないたずら電話インターネットのアダルトチャットなど、全ての性的な活動が考えられる。ポルノグラフィ児童ポルノを含む)が依存の対象となる場合はポルノ依存症と呼ばれる。

性依存者は、それらによって得られる性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。性依存症は性別性自認性的志向を問わず存在する。

性依存症は1970年代から主にアメリカで研究されてきたが、1998年アメリカ大統領ビル・クリントン不倫スキャンダルが、性依存症に起因するという説が取り上げられて以来、一般での認知度が急激に高まった。ビル・クリントンのセクシュアルハラスメント・ケースに関わった専門家として、医学博士のパトリック・カーンズが挙げられる。

性的対象に依存している間は、脳内から快楽物質が放出されるため、不安から一時的に逃れられるメカニズムにより起こる。そのため必ずしも性欲が亢進しているわけではなくとも、強迫的に性的行動を繰り返してしまう場合もある。原因は様々で特定は難しいが、幼児期や成人への成長過程で肉親からの愛情が得られなかったり、また逆説的ではあるが、性的虐待児童虐待(特に児童性的虐待)の被害者が性依存症となることもある。

不倫行為や性犯罪が原因で家庭崩壊を招き、家族や友人を失うことも少なくない。社会的な信用や地位を失い、職を失ったり性風俗店に通いつめるなどした結果、経済的に困窮する場合もある。

また性依存症者の多くは、性行為において避妊具の使用などをほとんど行っていないと推測され、無計画な性交渉で性感染症に自身が感染したり相手に感染させたり、望まない妊娠を引き起こす可能性が高いことである。さらに性依存が深刻な場合は、安全を考慮せず危険な区域や状況に足を踏み入れる傾向があり、例えば非合法な売買春などに絡んで事故や犯罪に巻き込まれる例もあり、最悪の場合は命を落とす危険すらある。

定義編集

世界保健機関による疾病及び関連保健問題の国際統計分類 (ICD) では、精神障害に限定されていない分類として、F52.7Excessive sexual drive(過剰性的亢進)が定義されている[1]

アルコール依存症ギャンブル依存症などが、疾病及び関連保健問題の国際統計分類でICD10コードが振られ、正式に精神疾患として認定されているのに対し、性依存症は病気としては公認されていない。

境界型パーソナリティ障害による性的行動化双極性障害躁状態における性的亢進・逸脱行動とは鑑別が難しい。

そもそも「性的な行動への依存」を依存症のひとつとして位置づけるのかどうか、またどのあたりに「正常」と「依存」の境界を引くかなどで、長い間論争が続いている。「依存症」ではなく行動制御障害であるという論もある。『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM) で依存症の定義に当てはまらないような浮気や不倫の言い訳にしたり、またセクシュアルハラスメント性犯罪を正当化するために性依存症であると主張する場合もあり、特に訴訟社会であるアメリカではその傾向が顕著なため、さらに論争を呼ぶことにもなっている。

治療編集

近年ではアルコール依存薬物依存ギャンブル依存(賭博依存)と並び、代表的な依存症であるという考え方が広まりつつある。性依存症者も、他の依存症患者と同様に、他の依存症を同時に患い多重嗜癖に陥っている者が少なくない。

日本において、性依存症はいまだ認知度が低く「セックス中毒」といったような興味本位の記事として取り上げられることが多い。また「病気」と定義されていないことから、専門的な治療が受けられる医療機関などが極端に少ない。

その他の依存症と同じく、性依存症にも患者による自助グループが存在する。アルコホーリクス・アノニマス (AA) に範をとった匿名の自助グループ (SA) が存在する。欧米では州ごとに多数存在すると見られる。日本国内でも首都圏から始まり、小規模ではあるが自助グループが全国に広がりつつある。女性だけの自助グループも存在する。定期的に集まるなどして個々に回復へ向けた活動を続けている。

著名人編集

性依存症であること、または過去に性依存症の治療を受けたことを公表している著名人には、アメリカ合衆国元大統領のビル・クリントンのほか、米国俳優のエディ・マーフィマイケル・ダグラス[2]ロブ・ロウビリー・ボブ・ソーントンチャーリー・シーンデビッド・ドゥカブニー[3] などがいる。

2009年11月下旬には米国の有名プロゴルファーであるタイガー・ウッズの不倫スキャンダルが発覚、後に彼自身が性依存症であることが判明し「性依存症」という言葉が一気に広まった[4][5]

そして、2017年10月に米国人気女優ら20名以上からセクハラ告発を受けたと報じられた米国映画プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインもまた性依存症の治療を1週間受けたと伝わってきている[5][6][7]

性依存症を題材とした作品編集

映画編集

漫画編集

  • 津島隆太『セックス依存症になりました。』2018年・日本 - セックス依存症と診断された著者が、その経験を元に描いた漫画。病院での治療や自助グループについても描かれているが、漫画の内容はあくまでもフィクションである。

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ International Classification of Diseases, version 2007.
  2. ^ 【眼光紙背】どうしてもセックスがやめられない人たち” (2008年5月28日). 2008年11月9日閲覧。
  3. ^ 米俳優D・ドゥカブニー、性依存症の治療施設に入所” (2008年8月29日). 2008年8月30日閲覧。
  4. ^ Joy横手(TechinsightJapan編集部) (2009年11月28日). “【イタすぎるセレブ達・番外編】タイガー・ウッズ、自宅近くで運転事故。不倫スキャンダル流出も原因か…!?”. Techinsight(テックインサイト). http://japan.techinsight.jp/2009/11/yokote2009112809210.html 2018年1月6日閲覧。 
  5. ^ a b 福田晃広(清談社) (2018年1月5日). “「性欲が強いだけ」「ただのセックス好き」? セックス依存症の実態を専門家に聞いた”. サイゾーウーマン(cyzo woman). http://www.cyzowoman.com/2018/01/post_168671_1.html 2018年1月6日閲覧. "全2頁構成(→2頁目)" 
  6. ^ 上塚真由 (2017年10月13日). “ハリウッドのセクハラ、米女優ら20人超が大物映画プロデューサーを告発”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/world/news/171013/wor1710130009-n1.html 2018年1月6日閲覧. "全3頁構成(→2頁目3頁目)" 
  7. ^ “セックス依存症のリハビリ施設へ…渦中の米大物プロデューサー”. シネマトゥデイ. (2017年10月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0095228 2018年1月6日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集