ドーパミン: dopamine)は、中枢神経系に存在する神経伝達物質で、アドレナリンノルアドレナリン前駆体でもある。運動調節、ホルモン調節、の感情、意欲、学習などに関わる。セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミン、ドーパミンを総称してモノアミン神経伝達物質と呼ぶ。またドーパミンは、ノルアドレナリン、アドレナリンと共にカテコール基をもつためカテコールアミンとも総称される。医学・医療分野では日本語表記をドパミンとしている[1]

ドーパミン
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 51-61-6
KEGG D07870
特性
化学式 C8H11NO2
モル質量 153.178 g/mol
融点

128 ℃ (401 K)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想など)は基底核中脳辺縁系ニューロンのドーパミン過剰によって生じるという仮説がある。この仮説に基づき薬物療法で一定の成果を収めてきているが、一方で陰性症状には効果が無く、根本的病因としては仮説の域を出ていない。覚醒剤はドーパミン作動性に作用するため、中毒症状は統合失調症に類似する。強迫性障害トゥレット障害注意欠陥多動性障害 (ADHD) においてもドーパミン機能の異常が示唆されている。

一方、パーキンソン病では黒質線条体のドーパミン神経が減少し筋固縮、振戦、無動などの運動症状が起こる。また抗精神病薬などドーパミン遮断薬の副作用としてパーキンソン症候群が起こることがある。

中脳皮質系ドーパミン神経は、とくに前頭葉に分布するものが報酬系などに関与し、意欲、動機、学習などに重要な役割を担っていると言われている。新しい知識長期記憶として貯蔵される際、ドーパミンなどの脳内化学物質が必要になる[2]。陰性症状の強い統合失調症患者や、一部のうつ病では前頭葉を中心としてドーパミンD1の機能が低下しているという仮説がある。

下垂体漏斗系においてドーパミンはプロラクチンなどの分泌抑制因子として働く。そのためドーパミン作動薬は高プロラクチン血症の治療薬として使用され、逆にドーパミン遮断薬(抗精神病薬など)は副作用として高プロラクチン血症を誘発する。

ドーパミン部分作動薬のアリピプラゾール(エビリファイ)は低プロラクチン血症を誘発することが分かっており[3]、高プロラクチン血症の治療効果もある。その副作用として異常性欲性的倒錯があり[4]アメリカ食品医薬品局(FDA)は添付文書で黒枠の警告をしている[5]

目次

生合成過程編集

 
ドーパミンの生合成経路

ドーパミンの前駆体はL-ドーパである。L-ドーパはフェニルアラニンチロシン水酸化によって作られる。

  • チロシン→L-ドーパ(L-ジヒドロキシフェニルアラニン)
チロシン水酸化酵素 (tyrosine hydroxylase, TH) EC 1.14.16.2
  • L-ドーパ→ドーパミン
ドーパ脱炭酸酵素(dopa decarboxylase, DDC; 芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素 aromatic amino acid decarboxylase, AAAD, AADC, DDCなどと表記される)EC 4.1.1.28

さらに一部のニューロンにおいては、ドーパミンから、ドーパミン-β-モノオキシゲナーゼ (dopamine beta hydroxylase, DBH; あるいは dopamine beta-monooxygenase) EC 1.14.17.1によってノルアドレナリンが合成される。

放出・再取り込み・分解編集

ニューロンでは、ドーパミンは合成された後、小胞の中へ充填され(中枢神経系では小胞性モノアミン輸送体2 vesicular monoamine transporter 2 (VMAT2, SLC18A2) の働きによる)、活動電位の発生に伴って、放出される。

放出後のドーパミンは、ドーパミン輸送体 (dopamine transporter, DAT, SLC6A3) によって、ドーパミン作動性の軸索に再取り込みされる。その後、カテコール-O-メチル基転移酵素 (catechol-O-methyl transferase, COMT) EC 2.1.1.6およびモノアミン酸化酵素 (monoamine oxidase, MAO) EC 1.4.3.4によって、分解される。酵素による分解を免れたドーパミンは、再び小胞へと充填されて再利用されると考えられている。

薬剤編集

ドーパミンが関係する薬剤には以下のようなものがある。抗精神病薬は、主にドーパミンD2受容体を遮断することで効果を発現する。抗パーキンソン病薬のほとんどは、ドーパミンの前駆体であったりドーパミン受容体を刺激したりすることでドーパミン作動性に働くことで効果を発現する。

末梢において作用するもの
ドーパミン(イノバン、カタボン):急性循環不全治療薬
ドーパミン作動薬(アゴニスト)
L-ドーパ(ドパストン)、L-ドパ・カルビドパ配合剤(ネオドパストン)、カベルゴリン(カバサール)、ブロモクリプチン(パーロデル)、ケタミン(ケタラール)、メマンチン(メマリー)、アマンタジン(シンメトレル)、メチルフェニデート(リタリン、コンサータ)、アンフェタミン(Adderall)、メタンフェタミンコカインジゾシルピン(MK-801)など。
ドーパミン部分作動薬(パーシャルアゴニスト)
アリピプラゾール(エビリファイ)、フェンサイクリジン(PCP)など。
ドーパミン拮抗剤(アンタゴニスト)
抗精神病薬クロルプロマジンハロペリドールオランザピンなど)
ドーパミン放出阻害剤
ミノサイクリン(ミノマイシン)[6]

関連人物編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 日本神経学会用語委員会編『神経学用語集 改訂第3版』文光堂、2008年、p.42
  2. ^ HARVARD MEDICAL SCHOOL (2016年10月). “Need to remember something? Exercise four hours later”. 2017年9月2日閲覧。
  3. ^ Sogawa R, Shimomura Y, Minami C, Maruo J, Kunitake Y, Mizoguchi Y, Kawashima T, Monji A, Hara H. (2016-8). “Aripiprazole-Associated Hypoprolactinemia in the Clinical Setting.”. en:Journal of Clinical Psychopharmacology. 36 (4): 385-7. doi:10.1097/JCP.0000000000000527. PMID 27281387. http://journals.lww.com/psychopharmacology/Abstract/2016/08000/Aripiprazole_Associated_Hypoprolactinemia_in_the.15.aspx. 
  4. ^ Vrignaud L, Aouille J, Mallaret M, Durrieu G, Jonville-Béra AP. (2014-11-1). “Hypersexuality associated with aripiprazole: a new case and review of the literature.”. Therapie. 69 (6): 525-527. doi:10.2515/therapie/2014064. PMID 25293487. http://www.journal-therapie.org/articles/therapie/abs/2014/06/th142267/th142267.html. 
  5. ^ FDA Drug Safety Communication: FDA warns about new impulse-control problems associated with mental health drug aripiprazole (Abilify, Abilify Maintena, Aristada) (05-03-2016 FDA)
  6. ^ Lin Zhang, Yukihiko Shirayama, Masaomi Iyo, Kenji Hashimoto. (2007-9). “Minocycline attenuates hyperlocomotion and prepulse inhibition deficits in mice after administration of the NMDA receptor antagonist dizocilpine.”. en:Neuropsychopharmacology (journal). 32 (9). doi:10.1038/sj.npp.1301313. PMID 17228338. http://www.nature.com/npp/journal/v32/n9/full/1301313a.html. 

外部リンク編集