メインメニューを開く

恋人たちの食卓』(原題: 飲食男女、英題: Eat Drink Man Woman)は1994年制作の台湾映画

恋人たちの食卓
飲食男女
監督 アン・リー
脚本 アン・リー
ジェームズ・シェイマス
ワン・ホイリン(王蕙玲)
製作 シュー・リーコン(徐立功)
ジャン・フォイチュン(江奉琪)
ラン・ダーポン(藍大鵬)
製作総指揮 チャン・フーピン(鐘湖濱)
音楽 マーダー
撮影 ジョン・リン(林良忠)
編集 アン・リー
ティム・スクワイアズ
配給 日本の旗 ヘラルド・エース
公開 日本の旗 1995年7月1日
上映時間 123分
製作国  台湾
言語 中国語
興行収入 $7,294,403[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

アン・リー(李安)監督によるホームドラマで、父親三部作の3作目。『推手』『ウェディング・バンケット』に引き続き、父親役はラン・シャンが演じた。

アメリカでは当初14館で公開され、最大217館まで上映館数を増やし、第52回ゴールデングローブ賞外国語映画賞および第67回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。また、英国アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。

日本では、1995年6月30日シネスイッチ銀座にて公開された。

ストーリー編集

台北の一流ホテルの料理長の初老の父親のもとに、娘3人は毎週日曜の夜に集まることにしていた。週に1度の家族4人がそろっての晩餐だが、それぞれに人生の悩みを抱える娘たちは、父親の料理を前にしても気が晴れることはなかった。そんな不協和音にいらだつ父親も、老いていく自分の変化に気づかざるをえなかった。

キャスト編集

ロケ地編集

  • 圓山大飯店 - 父親が勤めるレストラン。[2]
  • 紫藤廬 - 二女が同僚と会った茶館。一家の自宅があるという設定の台湾師範大学近くの和平東路沿いに実際にある茶芸館で、現在も喫茶店・ギャラリーとして営業している。[3]
  • 台北植物園 - 父親がジョギングするコース。[4]

脚注編集

  1. ^ Eat Drink Man Woman”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月18日閲覧。
  2. ^ 圓山大飯店台北市電影委員会
  3. ^ 紫藤廬古蹟茶館台北市電影委員会
  4. ^ 臺北植物園台北市電影委員会

外部リンク編集