恵那峡口駅(えなきょうぐちえき)は、かつて岐阜県中津川市に存在した北恵那鉄道北恵那鉄道線廃駅)。

恵那峡口駅
えなきょうぐち
ENAKYOGUCHI
中津町 (1.4 km)
(2.3 km) 山之田川
所在地 岐阜県中津川市瀬戸
北緯35度30分41.3秒 東経137度29分41.5秒 / 北緯35.511472度 東経137.494861度 / 35.511472; 137.494861座標: 北緯35度30分41.3秒 東経137度29分41.5秒 / 北緯35.511472度 東経137.494861度 / 35.511472; 137.494861
所属事業者 北恵那鉄道
所属路線 北恵那鉄道線
キロ程 1.4 km(中津町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1925年(大正14年)5月1日
廃止年月日 1978年(昭和53年)9月18日
テンプレートを表示

概要編集

恵那峡への観光客誘致のため、地元住民の請願で開業した駅であり、近くには恵那峡への観光船の乗船のりばが存在していた。

木曽川橋梁の橋脚かさ上げ工事による代行バス発着所と留置線設置のため、移転がされている。移転前の駅の位置は木曽川橋梁への築堤上(北緯35度30分39.0秒 東経137度29分47.7秒 / 北緯35.510833度 東経137.496583度 / 35.510833; 137.496583)である。

沿革編集

  • 1925年大正14年)8月5日 - 北恵那鉄道線中津町 - 苗木開に新設開業。
  • 1963年昭和38年)
    • 1月16日 - 木曽川橋梁橋脚嵩上げ工事のため、中津町 - 当駅間の運行を休止してバス代行を実施。当駅は山之田川駅側へ約130m移転。
    • 4月1日 - 中津町 - 当駅間の運行を再開。
  • 1978年(昭和53年)9月18日 - 北恵那鉄道線とともに廃止。

駅施設編集

1面1線のホームを有し、簡素な待合所などが設置されていた。

その他編集

現在もホームの痕跡がわずかに残っているという。

移転前の駅舎は改築後、恵那峡への観光船のりばの待合所に再利用された。この観光船は、約20年前に運行中止となり待合所も取り壊されたという。現在運行されている恵那峡遊覧船は、恵那市の恵那峡公園からの乗船になる。

隣の駅編集

北恵那鉄道
北恵那鉄道線
中津町駅 - 恵那峡口駅 - 山之田川駅

参考文献編集

  • 白土貞夫「北恵那鉄道見聞記」『RAILFAN』No.115、11頁

関連項目編集