メインメニューを開く

愛は危険な香り』(あいはきけんなかおり、英語: Lady Beware)は、カレン・アーサー英語版監督により、1987年に制作されたアメリカ合衆国スリラー映画。主演は、ダイアン・レインマイケル・ウッズコター・スミス英語版。この映画の宣伝文句は「When fantasy leads to terror.(ファンタジーが恐怖へと続くとき)」であった。この作品は、ピッツバーグ市内や近郊でロケーション撮影された。

愛は危険な香り
監督 カレン・アーサー
脚本 Charles Zev Cohen
Susan Miller
製作 トニー・スコッティ英語版
Lawrence Taylor-Mortoff
出演者 ダイアン・レイン
マイケル・ウッズ
コター・スミス
音楽 Craig Safan
撮影 Tom Neuwirth
編集 Roy Watts
配給

アメリカ合衆国の旗Scotti Brothers Pictures

日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗1987年8月14日
日本の旗1987年9月12日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

あらすじ編集

百貨店「ホーンズ (Horn's)」で、ウィンドードレッサー英語版として働いているカチア・ヤーノは、セクシーで少々いかれた飾り付けを得意としている。カチアは、ピッツバーグの中心部のロフトの部屋で、仕事の道具であるマネキン人形ランジェリー類に囲まれて暮らしている。夜になると、ロウソクの灯りで風呂に浸かりながら、新しい、刺激的なウィンドウ・ディスプレイのアイデアを考えている。

ハンサムな既婚の精神病質者ジャック・プライスは、カチアを見かけて彼女に執着するようになる。ジャックはカチアをストーキングし、彼女の生活は生き地獄となる。ハラスメントに耐えかねたカチアは、ジャックに思い知らせることを決意する。

キャスト編集

外部リンク編集