慕容 木延[1](ぼよう ぼくえん、拼音: Mùróng Mùyán、生没年不詳)は、鮮卑慕容部大人。父は慕容部の始祖である莫護跋。子は慕容渉帰慕容耐前燕の基礎を作った慕容廆の祖父にあたる。

生涯編集

莫護跋の没後、その後を継いで慕容部の大人となった。

彼の治世についての記録は残っていないが、父同様に西晋との従属関係を保ち続けた。

246年2月、毌丘倹高句麗討伐に赴くと、慕容木延もこれに従軍して戦功をあげた。同年、功績により左賢王大都督の位を加えられた[2]

彼の死後は子の慕容渉帰が大人の位を継いだ。没年は不詳であるが、281年は既に慕容渉帰が大人として活動している事から、それ以前と思われる。

参考資料編集

脚注編集

  1. ^ 史書には木延という名しか書かれておらず、彼の時代から慕容という姓を持っていたかは不明。
  2. ^ 『十六国春秋』による。『魏書』によれば大都督の記載はなく、左賢王のみ与えられている。
先代
莫護跋
慕容部の大人
第2代:? - ?
次代
慕容渉帰