メインメニューを開く

李寅応1832年 - 1895年)は李氏朝鮮文官本貫全州李氏。初諱は「世輔」。は「寅応」[1]は「左輔」。は「忠正」。李端和第一子。

李寅応
本貫氏派 全州李氏全州李氏綾原大君派
続柄 李端和第一子
初諱 世輔

目次

生涯編集

1851年8月9日豊渓君家督相続を受けて王族身位を得た。を「世輔」から「晧」に改諱して、慶平君に封爵、昭義大夫[2]官位を受けた[3][4]9月16日中義大夫[5]に昇格した[6]10月2日五衛都摠府副摠管に任官した[7]10月24日承憲大夫[8]に昇格した[9]1852年1月10日宗簿寺纂修監印校正官に任官した[10]1月18日崇憲大夫[11]に昇格した[12]2月2日嘉徳大夫[13]に昇格した[14]3月10日五衛都摠府都摠管に異動した[15]6月4日宜徳大夫[16]に昇格した[17]6月21日五衛都摠府都摠管の任期が終了した[18]1853年4月7日興禄大夫[19]に昇格した[20]8月14日鈴原府大夫人墓所の酌献礼を代行した[21][22]12月22日顕禄大夫[23]に昇格した[24]1854年1月16日五衛都摠府都摠管に任官した[25][26]3月4日五衛都摠府都摠管の任期が終了した[27]3月28日五衛都摠府都摠管に任官した[28]1855年8月27日宗戚執事に任官した[29]1856年6月11日五衛都摠府都摠管の任期が終了した[30]1857年1月8日五衛都摠府都摠管に任官した[31]1月19日五衛都摠府都摠管を辞官した[32]8月15日冬至使謝恩使正使に任官した[33]8月19日自身が痰湿体質のため、冬至使兼謝恩使正使の交代要請を上疏したが、許可されなかった[34]1859年4月25日司饔院提調に任官した[35]8月28日五衛都摠府都摠管に任官した[36]11月14日五衛都摠府都摠管の任期が終了した[37]1860年12月13日言動が不謹慎極まりないとして、豊渓君家督相続を無効として、慶平君の爵号を剥奪されて王族身位を喪失し、を「晧」から「世輔」に改諱させられた[38][39]12月17日全羅南道莞島郡薪智面薪智島流刑になり、囲籬荐棘の扱いを受けた[40]梅泉野録では安東金氏の憎悪を買い、流刑時には瀕死状態の時も多々あったという。

1864年2月20日出生地に流刑地が変更された[41][42]1865年1月27日釈放された[43]5月28日敦寧府同知事宗親府宗正卿に任官した[44]5月31日次回の文官職任官まで刑曹参判の官職名義を付与された[45]6月14日義禁府より不謹慎な言動が極まりないと告発されて、忠清北道報恩郡に逃亡した[46]6月23日逮捕されて、全官職を免官、京畿道桂陽区に収容された[47][48][49]6月24日釈放されて、承政院左承旨宗親府宗正卿に任官した[50]6月27日義禁府に召喚されて、取調べを受けた結果、承政院左承旨を免官された[51]6月28日承政院左承旨に任官した[52]7月3日承政院左承旨の任期が終了した[53]7月7日義禁府同知事に任官した[54]8月1日五衛都摠府副摠管に任官した[55]8月5日承政院左承旨に任官した[56]8月8日承政院左承旨の任期終了。漢城府左尹に任官した[57]1868年を「世輔」から「寅応」に改諱させられた。

官歴編集

元号 西暦 月日 内容
咸豊元年 1851年 8月9日 慶平君に封爵。昭義大夫(従二品下階)の官位を受ける。
9月16日 中義大夫(従二品上階)の官位に昇格。
10月2日 五衛都摠府副摠管に任官。
10月24日 承憲大夫(正二品下階)の官位に昇格。
咸豊2年 1852年 1月10日 宗簿寺纂修監印校正官を兼官。
1月18日 崇憲大夫(正二品上階)の官位に昇格。
2月2日 嘉徳大夫(従一品下階)の官位に昇格。
3月10日 五衛都摠府都摠管に異動。
6月4日 宜徳大夫(従一品上階)の官位に昇格。
6月21日 五衛都摠府都摠管の任期終了。
咸豊3年 1853年 4月7日 興禄大夫(正一品下階)の官位に昇格。
12月22日 顕禄大夫(正一品上階)の官位に昇格。
咸豊4年 1854年 1月16日 五衛都摠府都摠管に任官。
3月4日 五衛都摠府都摠管の任期終了。
3月28日 五衛都摠府都摠管に任官。
咸豊5年 1855年 8月27日 宗戚執事を兼官。
咸豊6年 1856年 6月11日 五衛都摠府都摠管の任期終了。
咸豊7年 1857年 1月8日 五衛都摠府都摠管に任官。
1月19日 五衛都摠府都摠管を辞官。
8月15日 冬至使謝恩使正使に任官。
咸豊9年 1859年 4月25日 司饔院提調を兼官。
8月28日 五衛都摠府都摠管に任官。
11月14日 五衛都摠府都摠管の任期終了。
咸豊10年 1860年 12月13日 爵号を剥奪。全官職を免官。

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 王族時は「晧」。
  2. ^ 大典会通では嘉善大夫。官位は従二品下階。
  3. ^ 『承政院日記』(1851年/咸豊1年) 旧暦7月12日
  4. ^ 『承政院日記』(1851年/咸豊1年) 旧暦7月13日
  5. ^ 大典会通では嘉義大夫。官位は従二品上階。
  6. ^ 『承政院日記』(1851年/咸豊1年) 旧暦8月21日
  7. ^ 『承政院日記』(1851年/咸豊1年) 旧暦9月8日
  8. ^ 大典会通では資憲大夫。官位は正二品下階。
  9. ^ 『承政院日記』(1851年/咸豊1年) 旧暦9月30日
  10. ^ 『承政院日記』(1851年/咸豊1年) 旧暦12月19日
  11. ^ 大典会通では正憲大夫。官位は正二品上階。
  12. ^ 『承政院日記』(1851年/咸豊1年) 旧暦12月27日
  13. ^ 大典会通では崇政大夫。官位は従一品下階。
  14. ^ 『承政院日記』(1852年/咸豊2年) 旧暦1月13日
  15. ^ 『承政院日記』(1852年/咸豊2年) 旧暦2月20日
  16. ^ 大典会通では崇禄大夫。官位は従一品上階。
  17. ^ 『承政院日記』(1852年/咸豊2年) 旧暦4月17日
  18. ^ 『日省録』(1852年/咸豊2年) 旧暦5月4日
  19. ^ 大典会通では輔国崇禄大夫。官位は正一品下階。
  20. ^ 『承政院日記』(1853年/咸豊3年) 旧暦2月29日
  21. ^ 鈴原府大夫人哲宗の母で、本来この酌献礼は哲宗が主宰者になるが、勅使として李寅応を派遣した。
  22. ^ 『承政院日記』(1853年/咸豊3年) 旧暦7月10日
  23. ^ 大典会通では上輔国崇禄大夫。官位は正一品上階。
  24. ^ 『承政院日記』(1853年/咸豊3年) 旧暦11月22日
  25. ^ 『承政院日記』(1853年/咸豊3年) 旧暦12月18日
  26. ^ 『日省録』(1853年/咸豊3年) 旧暦12月18日
  27. ^ 『日省録』(1854年/咸豊4年) 旧暦2月6日
  28. ^ 『日省録』(1854年/咸豊4年) 旧暦2月30日
  29. ^ 『日省録』(1855年/咸豊5年) 旧暦7月15日
  30. ^ 『日省録』(1856年/咸豊6年) 旧暦5月9日
  31. ^ 『日省録』(1856年/咸豊6年) 旧暦12月13日
  32. ^ 『日省録』(1856年/咸豊6年) 旧暦12月24日
  33. ^ 『日省録』(1857年/咸豊7年) 旧暦6月26日
  34. ^ 『日省録』(1857年/咸豊7年) 旧暦6月30日
  35. ^ 『日省録』(1859年/咸豊9年) 旧暦3月23日
  36. ^ 『日省録』(1859年/咸豊9年) 旧暦8月1日
  37. ^ 『日省録』(1859年/咸豊9年) 旧暦10月20日
  38. ^ 『日省録』(1860年/咸豊10年) 旧暦11月2日
  39. ^ 『日省録』(1860年/咸豊10年) 旧暦11月3日
  40. ^ 『日省録』(1860年/咸豊10年) 旧暦11月6日
  41. ^ 『承政院日記』(1864年/同治3年) 旧暦1月13日
  42. ^ 『承政院日記』(1864年/同治3年) 旧暦2月21日
  43. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦1月1日
  44. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦5月4日
  45. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦5月7日
  46. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦5月21日
  47. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦5月29日
  48. ^ 『日省録』(1865年/同治4年) 旧暦閏5月1日
  49. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦閏5月1日
  50. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦閏5月2日
  51. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦閏5月5日
  52. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦閏5月6日
  53. ^ 『日省録』(1865年/同治4年) 旧暦閏5月11日
  54. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦閏5月15日
  55. ^ 『承政院日記』(1865年/同治4年) 旧暦6月10日
  56. ^ 『日省録』(1865年/同治4年) 旧暦6月14日
  57. ^ 『日省録』(1865年/同治4年) 旧暦6月17日