メインメニューを開く

懿徳皇后(いとくこうごう、942年 - 976年1月26日)は、北宋の太宗趙匡義の2番目の正妻。太宗の即位前に死去し、皇后を追贈された。姓は符氏後周の世宗柴栄の皇后であった宣懿皇后宣慈皇后姉妹の妹にあたる。

生涯編集

陳州宛丘の人。魏王符彦卿中国語版符存審の四男)の六女。母は楊氏、同母弟は符昭願。後周の顕徳年間、趙匡義と結婚した。

宋が建てられると、汝南郡夫人に封ぜられた。建隆2年(961年)9月、楚国夫人に進んだ。趙匡義が晋王となると、越国夫人となった。開宝8年12月19日(976年1月26日)、薨去した。太宗が即位すると、皇后の位を追贈され、宣祖趙弘殷中国語版太祖・太宗兄弟の父)の永安陵に従葬された。

伝記資料編集