陳州(ちんしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から清代にかけて、現在の河南省周口市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代編集

535年天平2年)[1]東魏により項城に僑置された揚州を前身とする。

547年太清元年)、侯景南朝梁に降ると、項城に殷州が置かれた[2]。翌年、侯景が渦陽の戦いに敗れると、東魏が再び項城を占領した。侯景が長江を渡り、東魏が寿春を占拠すると、寿春に揚州が置かれ、項城の揚州は北揚州と改称された。

北斉のとき、北揚州は信州と改称された。

北周のとき、信州は陳州と改称された。

隋代編集

初には、陳州は下部に4郡6県(?)を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、陳州の属郡は廃止された。596年(開皇16年)に沈州が分割設置された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、陳州は淮陽郡と改称され、下部に11県を管轄した[3]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
陳州 豫州 亳州 淮陽郡
陳郡 丹陽郡 項城郡 淮陽郡 汝陽郡 広寧郡 陳留郡 宛丘県 西華県
柳城県 項城県
南頓県 太康県
鹿邑県 鄲県
鮦陽県 溵水県
扶楽県
項県
長平県
柳城県
秣陵県
和城県
不詳 陽夏県 汝陽県 包信県 武平県

唐代編集

618年武徳元年)、が房憲伯を平定すると、淮陽郡は陳州と改められた。742年天宝元年)、陳州は淮陽郡と改称された。758年乾元元年)、淮陽郡は陳州の称にもどされた。陳州は河南道に属し、宛丘・太康・溵水・西華・南頓・項城の6県を管轄した[4]

宋代編集

1119年宣和元年)、北宋により陳州は淮寧府に昇格した。淮寧府は京西北路に属し、宛丘・商水・西華・南頓・項城の5県を管轄した[5]

1128年天会6年)、の抜離速[6]が淮寧府を奪い、淮寧府は陳州の称にもどされた。陳州は南京路に属し、宛丘・商水・西華・南頓・項城の5県と長平・殄寇の2鎮を管轄した[7]

元代編集

のとき、陳州は汴梁路に属し、宛丘・商水・西華の3県を管轄した[8]

明代以降編集

のとき、陳州は開封府に属し、商水・西華・項城沈丘の4県を管轄した[9]

1724年雍正2年)、により陳州は直隷州に昇格した。1734年(雍正12年)、陳州直隷州は陳州府に昇格した。陳州府は河南省に属し、淮寧・商水・西華・項城・沈丘・太康・扶溝の7県を管轄した[10]

1913年中華民国により陳州府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 魏書』地形志二中下
  2. ^ 梁書』武帝紀下
  3. ^ 隋書』地理志中
  4. ^ 旧唐書』地理志一
  5. ^ 宋史』地理志一
  6. ^ 金史』太宗紀
  7. ^ 『金史』地理志中
  8. ^ 元史』地理志二
  9. ^ 明史』地理志三
  10. ^ 清史稿』地理志九