メインメニューを開く
成毛基雄

成毛 基雄(なるげ もとお、1874年明治7年)1月 - 1950年昭和25年)2月20日)は、日本の内務官僚内閣拓殖局長、官選奈良県知事

略歴編集

1874年(明治7年)1月、成毛勝蔵の長男[1]として千葉県香取郡高岡村に生まれる。帝国大学農科大学乙科[1]東京専門学校英語政治科(現早稲田大学政治経済学部)、和仏法律学校(現法政大学)法律科(1901年(明治34年))を卒業する。

1905年(明治38年)11月に高等文官試験行政科に合格して、大蔵省に入省し内務省に転じた[2]宮城県玉造郡長、富山県事務官警察部長、秋田県熊本県兵庫県警察部長埼玉県兵庫県愛知県の内務部長を歴任する。

1922年大正11年)に奈良県知事に就任し、1927年(昭和2年)に内閣拓殖局長に就任する。1929年(昭和4年)に退官し[2]、その後、富士見高等女学校校長法政大学理事などを務めた。

1950年(昭和25年)、2月20日に死去。

脚注編集

  1. ^ a b 『新編日本の歴代知事』718頁。
  2. ^ a b 『日本官僚制総合事典1868-2000』186頁。

参考文献編集

  • 『明治大正人物事典Ⅰ』(日外アソシエーツ、2011)
  • 『法政大学八十年史』(法政大学、1961)
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。

外部リンク編集