成粛皇后(せいしゅくこうごう)は、南宋孝宗の皇后。姓は謝氏

謝皇后
南宋の皇后
B Song Dynasty Empress of Xiaozong.JPG
成粛皇后謝氏
在位 淳熙3年8月8日[1] - 淳熙16年2月2日
1176年9月12日 - 1189年2月18日

別称 成粛皇后、寿成皇后
寿成恵慈皇太后、寿成恵聖慈祐太皇太后
出生 不詳
鎮江府丹陽県
死去 開禧3年5月16日[2][3]
1207年6月13日
臨安府、寿慈殿
埋葬 永阜陵
配偶者 孝宗
父親 謝寧
テンプレートを表示

生涯編集

鎮江府丹陽県の人[4]。実父の謝寧[5]を早くに亡くし、翟氏の養女となった。その後、後宮に入り、高宗の皇后呉氏の侍女を務めた[6]

紹興31年(1161年)、建王趙伯琮(後の孝宗)に側室[7]として与えられ、咸安郡夫人に封ぜられた[8][9]。孝宗が即位すると、婉容に封ぜられた[10]隆興2年(1164年)、貴妃に上った[11]。質素だが細やかな性格で、夏皇后と死別した孝宗を誠実に仕えた。淳熙3年(1176年)8月、太上皇(高宗)の薦めで、皇后に冊立され、元の姓氏を戻した[12]

淳熙16年(1189年)2月、孝宗は子の光宗に譲位して太上皇となった。紹熙元年(1190年)正月、謝氏は寿成皇后と呼ばれた[13]慶元元年(1195年)11月、寿成恵慈皇太后と加号した[14]。慶元6年(1200年)8月、寿成恵慈太皇太后となり[15]嘉泰2年(1202年)10月、寿成恵聖慈祐太皇太后と加号した[16]

開禧3年5月16日(1207年6月13日)、寿慈殿にて崩御。「成粛」とされ[17]、孝宗の永阜陵に合葬された[18]

伝記資料編集

  • 宋史』巻243 后妃伝下 成粛謝皇后伝
  • 『宋会要輯稿』巻12 后妃一 成粛謝皇后

脚注編集

  1. ^ 『宋史』巻34, 孝宗紀二 淳熙三年八月庚辰条 「太上皇詔立貴妃謝氏為皇后」
  2. ^ 『宋史』巻38, 寧宗紀二 開禧三年五月辛卯条による。
  3. ^ 『宋会要輯稿』巻12, 后妃一 成粛謝皇后「開禧三年五月十六日崩于壽慈殿」
  4. ^ 『宋史』巻243, 后妃伝下 成粛謝皇后「成粛謝皇后、丹陽人」
  5. ^ 『宋会要輯稿』巻12, 后妃一 成粛謝皇后「贈太師、追封忠王寧之女」
  6. ^ 『宋史』巻243, 后妃伝下 成粛謝皇后「幼孤、鞠于翟氏、因冒姓焉。及長、被選入宮」
  7. ^ これより少し前に、趙伯琮は郡王から親王に上った。最初の妻の郭氏は、郡王時代に早世した。
  8. ^ 『宋史』巻243, 后妃伝下 成粛謝皇后「憲聖太后以賜普安郡王、封咸安郡夫人」
  9. ^ 『宋会要輯稿』巻12, 后妃一 成粛謝皇后「紹興三十一年二月二十日封咸安郡夫人」
  10. ^ 『宋会要輯稿』巻12, 后妃一 成粛謝皇后「[紹興]三十二年八月二十八日進封婉容」
  11. ^ 『宋会要輯稿』巻12, 后妃一 成粛謝皇后「隆興二年二月十一日進位貴妃」
  12. ^ 『宋史』巻243, 后妃伝下 成粛謝皇后「淳熙三年、妃侍帝、過徳壽宮、上皇諭以立后意。尋遣張去為傳旨、立貴妃為皇后、復姓謝氏」
  13. ^ 『宋会要輯稿』巻12, 后妃一 成粛謝皇后「紹熙元年正月一日恭上尊号曰壽成皇后、册文参知政事王蔺撰」
  14. ^ 『宋史』巻37, 寧宗紀一 慶元元年十一月戊戌条「壽成皇太后曰壽成惠慈皇太后」
  15. ^ 『宋会要輯稿』巻12, 后妃一 成粛謝皇后「[慶元]六年八月十六日加上尊號曰壽成惠慈太皇太后」
  16. ^ 『宋史』巻38, 寧宗紀二 嘉泰二年十月乙亥条「上壽成惠慈太皇太后尊號曰壽成惠聖慈祐太皇太后」
  17. ^ 『宋史』巻38, 寧宗紀二 開禧三年八月己巳条「上大行太皇太后諡曰成粛皇后」
  18. ^ 『宋史』巻38, 寧宗紀二 開禧三年九月乙酉条「權攢成粛皇后于永阜陵」