メインメニューを開く

成賢(じょうけん/せいけん、応保2年(1162年) - 寛喜3年9月19日1231年10月16日))は鎌倉時代前期の真言宗藤原南家の出身で、中納言藤原成範の子。遍智院僧正宰相僧正と称された。

若くして醍醐寺の叔父勝賢に師事して諸経論を学び、文治元年(1185年三宝院に入り、11月勝賢より灌頂を受ける。建久4年(1193年)勝賢の権僧正辞退にかわり権律師に任ぜられ、正治2年(1200年)には権少僧都に進む。建仁3年(1203年)に醍醐寺座主に補任された。元久2年(1205年)に座主を持して良海に譲るが、翌年再び座主に復任して、建永2年(1207年)祈雨の功で法印に叙せられた。承元2年(1208年)に大僧都、承元4年(1210年)3月に東寺三長者に任ぜられる。建暦元年(1211年)再び祈雨の功で権僧正となるなど、祈雨に長じたようである。建保6年(1218年)座主を弟子の光宝に譲りまた諸職を辞任した。

成賢は生涯に御修法を39度にわたって行い、秘法を修すれば常に法験を示したという。門弟らもその褒賞により僧官を与えられた。寛喜3年(1231年)9月19日、遍智院で入寂享年70。藤原定家は成賢を「天下の富人」と評している[1]。著作に、『薄双紙』や『遍口鈔』、『結縁灌頂私記』などがある。

四十人あまりの弟子があったが、特に道教深賢憲深慈教は四傑と呼ばれてそれぞれ家風を起こし、これらは総じて成賢流と称された。

脚注編集

  1. ^ 明月記寛喜3年9月20日条。

参考文献編集

  • 武内孝善「成賢」(吉川弘文館『國史大辭典 7』、1986年)