メインメニューを開く

戒能 朶一(かいのう だいち、1916年[3] - 没年不明)は、広島県出身のプロ野球選手内野手)。

戒能 朶一
基本情報
出身地 日本の旗 日本 広島県
生年月日 1916年
没年月日 没年不明
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1938年
初出場 1938年8月29日[1]
最終出場 1939年3月28日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

広陵中時代は、1935年春の甲子園大会に出場し、チームの準優勝に大きく貢献した。この大会で戒能は三塁手として出場し、優秀選手賞に輝いた[4]。その後明治大学を3年で中退し、1938年8月25日名古屋軍に入団[2]

1938年秋季シーズンが開幕すると、「1番・二塁手」のレギュラーとして定着。打率は低いながらも勝負強い打撃でチームを支えた。秋季シーズン40試合に全出場。10月23日ライオン戦では4安打の活躍&サヨナラヒットを打ち、それから5日後の10月28日のライオン戦では、4打席連続で四球を選んでいる[5]

1940年まで名古屋軍に在籍した記録が残っているが[6]、選手としての出場は1939年3月28日南海戦が最後である(村松幸雄の代打として出場し、三振に倒れた[2])。その後応召され、戦死した(没年月日・死没場所は不明)。

東京ドーム敷地内にある、鎮魂の碑には彼の名が刻まれている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1938 名古屋 40 188 155 19 30 3 2 0 37 12 6 -- 1 -- 32 -- 0 26 -- .194 .332 .239 .571
1939 5 14 11 0 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 0 3 -- 0 1 -- .091 .286 .091 .377
通算:2年 45 202 166 19 31 3 2 0 38 12 6 -- 1 0 35 -- 0 27 -- .187 .328 .229 .557
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 1 (1938年秋 - 1940年)[7]

脚注編集

関連項目編集