明治大学硬式野球部

明治大学硬式野球部(めいじだいがくこうしきやきゅうぶ、Meiji University Baseball Club)は、東京六大学野球連盟に所属する大学野球チーム。明治大学の学生によって構成されている。OB組織の名称は駿台倶楽部。

目次

創部編集

1910年(明治43年)。岸本辰雄校長が理事会側の猛反対を押し切って創部の決断を下したという[1]

歴史編集

(詳細は野球部HPを参照)

 
内海弘蔵(創設者・初代部長)

1910年に大学に認められ、これを創部年としている。当時教授であった内海弘蔵が部長を、慶應OB佐竹官二がコーチを務めた。佐竹の縁で慶應野球部がたびたびコーチに訪れた。翌1911年には早慶と試合を行い、1912年早稲田に初勝利、1914年から早慶明の3校で始まるリーグ戦の足がかりとなった。1913年には第一回極東オリンピックに出場して優勝、これが初の海外遠征となった。

当時の明治に期待されていた役割のひとつが、1906年以降中断されて久しい早慶戦の復活であった。三大学リーグは入場料の徴収など明治が主唱して実現されたものであり、早慶に割って入る実力があるのは明治と目されていたからである。徴収した入場料は外国チーム招聘の費用・各野球部の海外遠征補助・グラウンド整備費・各野球部に必要な費用に充てるなど使途を明確に定めたものだった。
海外遠征などを通じて力をつけた明治は1923年に五大学リーグ(すでに法政立教が加盟)で悲願の初優勝を遂げた。その頃には剣道ラグビー陸上競技などでも早慶戦が始まっており、機が熟したと判断した明治は、内海部長が中心となり早慶戦復活の斡旋に入ることとなる。ところが早慶野球部ともに復活に異存はないものの慶應OBが強硬に反対しており、これに対して内海らは「早慶戦復活に反対する学校を排してリーグ戦を行う」という実質的な最後通牒をつきつけて早稲田、継いで慶應の説得に成功、ようやく早慶戦復活が決し、東大を加えて東京六大学野球連盟が発足した(1925年)。明治は期待通り早慶戦復活の大任を果たしたのである。

 
1925年の明治大学硬式野球部

六大学リーグ当初は湯浅禎夫・リーグ初の30勝投手中村峰雄ら強力投手陣を擁して秋春連覇するなど黄金時代を迎えた。この時期日本の野球チームとして初めて「世界一周」(アメリカ・ヨーロッパ・香港・中国などへ遠征。1929年)を行った。そして1937年からは史上初めて4シーズン連続で優勝を果たし第二の黄金時代が到来した。しかし戦局の悪化と野球統制の強化に伴い1943年11月を最後に一時解散を余儀なくされた。この戦争で嶋清一加藤三郎など多くの有望な選手たちを失った。

1945年終戦、9月30日に練習を再開した。しかし部員たちはまだ復員しておらず、テスト生のみによる再出発だった。11月4日には戦後初試合となる現役学生とOB(駿台倶楽部)との試合を行った。しかし早慶がいち早く隆盛を迎える一方でリーグ優勝から遠ざかる日々が続いた。また一方で有望な選手らが途中退部してプロ野球に引き抜かれるといった事態も起きた。

こうしたことから大学当局が野球部の刷新に乗り出し1952年武田孟部長・島岡吉郎監督という人事を発表する。特に野球は素人同然だった島岡の就任に4年生の主力たちが猛然と反発、集団退部し「黒雲なびく駿河台」と校歌を捩った見出しが新聞を賑わす大騒動に発展した。しかし島岡の情熱的な指導と秋山登土井淳ら有力選手たちの大量入部で息を吹き返し、1953年秋に戦後初優勝を遂げると1955年までに2度の大学日本一を果たし黄金時代を再来させた。島岡の指導は途中総監督に退任した時期を含め37年に及び、その独特の指導は「人間力野球」といわれた。その間リーグ優勝15回、全国大会優勝8回(大学選手権5回、神宮大会3回)を達成した。

島岡の死去後は戦後野球部再建に奔走した別府隆彦が監督を継ぎ、数年の沈黙の後1992年から毎年のように優勝を重ねた。1995年には大学野球史上初の女性選手ジョディ・ハーラーが東大戦に先発登板、2001年にも小林千紘が登板するなど、進取に富んだ行動で話題を集めた。他方、1997年10月14日の立教4回戦9回表1死で、明治・安田聖寛(育英・4年)の一ゴロを立教・長島大輔(宇都宮・4年)が、安田の顔付近にタッチしたところ、安田が仰向けにひっくり返り、長島につかみかかってしまい、これを見て両チームの殺到し、乱闘となり、立教・樋渡勇哉(市川・3年)が右わき腹を傷める事態が発生した。この試合は、6回表にも明治の選手が本塁に突入した際、保守と接触して口論となり、両チームがもみ合いとなっていた[2]。翌15日に、東京六大学連盟に、山口孝部長と別府隆彦総監督の辞任、荒井信久監督と選手5人(4年3人、2年2人)のリーグ戦終了までの謹慎を申し入れ了承されている[3]。21世紀に入ってから優勝は2004年春季の1回のみとやや低迷していたが、2008年春季リーグ戦で4年8季ぶりに優勝を果たし、2006年秋に移転した新本拠地(次項にて詳述)に初めて天皇杯をもたらした。

本拠地編集

東京都府中市若松町5-6-1 内海・島岡ボールパーク

本拠地は柏木(東中野)→駒沢→和泉→調布と移転を重ね、2006年11月に調布市(島岡が設置に奔走したことから通称「島岡球場」)から府中市の旧三井物産グラウンドに移転。多磨霊園と道路を挟み、人工芝の第一球場と天然芝の第二球場、室内練習場、室内投球練習場、合宿所完備。メイン球場には電光スコアボードを配するなど、全国屈指の施設に生まれ変わった。球場名には初代部長内海弘蔵と島岡の名を冠した。合宿所は島岡寮。

かつて存在したグラウンド編集

  • 柏木グラウンド - 明大野球部発祥の地。1910年6月豊多摩郡中野町の7000坪の土地を購入。甲武線柏木駅に近く御茶ノ水駅から20分の距離であった[4]
  • 駒沢グラウンド - 1916年2月に駒沢村の世田谷砲兵旅団の東南の1万坪の土地を購入。早の竹内愛一、明の湯浅禎夫による「大早明の血戦」でも知られた[5]。跡地は明治薬学専門学校に売却された[6]
  • 和泉グラウンド - 現在の和泉キャンパスの地に明治大学予科が移転したのは1934年だが、それ以前の1930年から用地は取得済みで、野球部やラグビー部などのグラウンドとして使用されていた[7]
  • 調布グラウンド -

ユニフォーム編集

チームカラーはスクールカラーでもある紫紺、紫色がやや強い。ユニフォームは白地に筆記体で「Meiji[8]丸帽子と襟付きのユニフォームは早稲田と同様、野球草創期のスタイルを踏襲し、リーグ戦開始時から現在のスタイルを貫いている。1959年から一時期、後攻用のグレーのユニフォームを着用していた。島岡監督時代には左袖に島岡監督の干支である(島岡監督は1911年の生まれ、干支は辛亥)のエンブレムを着けていたが、現在は校章をあしらったものに代わっている。また野球帽には、「M」の一文字が取り付けられている。

記録編集

 
2011年11月27日 明治神宮野球場にて
  • リーグ戦(※2017年度秋季リーグ戦終了時点)
優勝:39回(戦前9回、戦後30回。最近の優勝=2016年秋季。4連覇=1937年春季~1938年秋季。全勝優勝=1996年秋季[9]。完全優勝=戦後17回。)

※獲得タイトルは、東京6大学野球リーグで歴代3位の計53回である。

関連人物編集

※多数につき、主な選手はCategory:明治大学野球部の選手を参照。以下、特に野球部の発展に功労のあった数人のみピックアップ。

 
二出川延明(野球殿堂表彰者)
 
松木謙治郎(阪神初代監督、野球殿堂表彰者)
 
藤本英雄(巨人監督(プロ史上最年少)、野球殿堂表彰者))
 
大下弘が表紙を飾った『ベースボールマガジン』創刊号(1946年4月20日発行)
 
星野仙一(楽天監督時代)

戦前 - 島岡監督以前編集

戦後(島岡監督時代)編集

戦後(島岡監督没後)編集

関係者を題材にしたメディア作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、1992年、565頁
  2. ^ 朝日新聞、1997年10月15日朝刊35面
  3. ^ 朝日新聞、1997年10月16日朝刊、29面
  4. ^ 『図録明治大学百年』 明治大学、78-79頁
  5. ^ 飛田穂洲 『球道半世紀』 博友社、50頁
  6. ^ 明治大学 『明治大学六十年史』 54頁
  7. ^ 北島忠治 『「前へ」明治大学ラグビー部 受け継がれゆく北島忠治の魂』 カンゼン、34-36頁
  8. ^ Meiji」のロゴマークをデザインしたのは慶大OBの小山万吾で、佐竹官二の依頼を受けて書いたものである。(天知俊一ほか 『六大学野球部物語』 ベースボール・マガジン社、1956年、88-89頁)
  9. ^ 1928年春季には8戦全勝で優勝しているが、慶應が渡米によりリーグ戦不参加のため、全勝優勝としては扱われていない。

関連項目編集

外部リンク編集