メインメニューを開く

戸川 正安(とがわ まさやす)は、備中庭瀬藩の第2代藩主。初代藩主戸川達安の次男。叔父の戸川正安(達安の弟)と同名となる。

 
戸川 正安
時代 江戸時代前期
生誕 慶長11年(1606年
死没 寛文9年5月22日1669年6月20日
別名 市蔵(通称)
官位 従五位下、土佐
幕府 江戸幕府
備中庭瀬藩
氏族 戸川氏
父母 父:戸川達安、母:岡元忠の娘
兄弟 平助、正安令安安尤安利安吉達躬
正室:寺沢広高の娘
安宣(次男)、安成(三男)、娘(池田薫彰正室)

生涯編集

寛永4年(1627年)末に父が死去したため、翌年2月に家督を継いだ。このとき、弟たちに所領を分与したため、所領は2万2500石となった。高野山大塔造営奉行や仙洞御所造営などに功を挙げた。寛文9年(1669年)に64歳で死去し、跡を次男の安宣が継いだ。