戸次氏(べっきうじ、べっきし)は、日本氏族大神氏流戸次氏からは佐伯氏などが出た。べつに藤原姓大友氏流戸次氏がある。

戸次氏
家紋
杏葉紋
本姓 1.豊後大神氏臼杵氏
2.秀郷流(藤原氏)大友氏
家祖 戸次重秀
種別 武家
出身地 豊後国戸次荘
主な根拠地 豊後国
筑後国
著名な人物 戸次鑑連
誾千代
支流、分家 松岡氏(武家)
竹中氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

元々大神氏流臼杵氏一族で、豊後国戸次荘を領して戸次氏と名乗った 。後に男系が途絶えたため、大友氏より第2代当主親秀の二男利根重秀を養子に迎えたという説と、家が絶えたので利根重秀が戸次荘を委ねられたという説がある。大友氏の庶子家の筆頭として栄えた。

19代目当主で戦国時代戸次親家の代までには戸次庄を失い、豊後国鎧ケ岳城主となっていたが、20代目の戸次鑑連(のちの道雪)が大友義鑑大友義鎮の下で活躍する。天文22年(1554年)に鑑連が隠居すると、戸次氏家督は戸次鎮連が相続した。鑑連は元亀2年(1571年)に立花氏名跡を相続する。21代目の鑑連は天正14年(1586年)に大友家加判衆となる。

以降も少なくとも戸次統常の後嗣である戸次延常(亀松)が早死するまで本家は大友氏家臣として続いており、十時輿左衛門系図[1]では、天正16年(1588年1月15日に亀松名義で十時惟益に対して緒方庄軸丸屋敷[2]5貫の朱印状を与えている記述が見える。


江戸時代には多くの分流・庶流が柳河藩士として続いたほか、柳河藩主立花貞俶の5男である通孝は戸次氏を称し、通孝の子である立花通栄も当初は戸次氏を称した。また戸次親宗(治部大輔、藤北戸次氏)の子孫が彦根藩士となっている。


系譜編集

太字は当主[3]、実線は実子、点線は養子。
大神惟基
 
 
 
臼杵惟盛
 
 
 
惟衡
 
 
 
戸次惟家1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
惟隆2豊後佐伯氏
佐伯惟康
賀来氏
賀来惟秀
 
 
 
惟継3
 
 
 
惟房4
 
 
 
惟澄5
 
 
 
重秀6[4]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時親7[5]松岡重頼利根頼親竹中頼直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清田直時大神朝直貞直8[6]藤北親教津守貞能
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高貞[7]頼時9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直光10[8]片賀瀬直時
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直世11[9]利光[10]女(大友親世[11]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高載12重世親載14氏詮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直繁13直国親貞17直頼15[12]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
能泰16[13][片賀瀬戸次氏]
親続
親宣18[藤北戸次氏]
親延
 
 
 
 
 
 
 
親久親家19親宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親俊親善(紹花)鑑連(立花道雪)20鑑方鎮栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鎮就鑑員鎮秀誾千代立花宗茂鎮連21鎮連統栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鎮智統貞 (紹珊)[柳河藩士]
親良
統常22親栄
 
 
 
 
 
 
 
統雪親実延常
 
 
 
 
 
能俊親貞

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『柳川歴史資料集成第二集 柳河藩享保八年藩士系図・下』所収
  2. ^ 大分県大野郡軸丸村、現在の豊後大野市緒方町軸丸
  3. ^ 『系図纂要』の戸次氏系図に基づく。
  4. ^ 大友親秀の子。北条重時より一字拝領か(『系図纂要』に「以赤橋重時縁坐服近北条氏」と記載がある)。
  5. ^ 母は北条重時の娘。得宗鎌倉幕府執権北条時宗烏帽子親とし、鎌倉において元服、その偏諱(「時」の字)を賜う。
  6. ^ 得宗/鎌倉幕府執権の北条貞時を烏帽子親として元服、その偏諱(「貞」の字)を賜う。
  7. ^ 得宗/鎌倉幕府執権の北条高時を烏帽子親として元服、その偏諱(「高」の字)を賜う。通称を若宮太郎と号す(「大友田原系図」)。早世。
  8. ^ 足利直冬を烏帽子親として元服し、その偏諱(「直」の字)を賜うが、のちに「頼秀」と改名(『系図纂要』)。
  9. ^ 『続群書類従』の「立花系図」では親矩の子(すなわち直光の孫)とする。
  10. ^ a b c 塙保己一 1973, p.369
  11. ^ 大友持直の母。
  12. ^ 群書系図部集「戸次系図」では直繁の子[10]
  13. ^ 群書系図部集「戸次系図」では重世の子[10]

参考文献編集

  • 塙保己一編 「戸次系図」 『群書系図部集4, 第3巻』 八木書店、1973年、368-369頁。ISBN 4797102764 
  • 『柳川歴史資料集成第二集 柳河藩享保八年藩士系図・下』 柳川市史編集委員会編・福岡県柳川市 1997年(平成9年)3月発行
    • 十時輿左衛門系図

関連項目編集

外部リンク編集