メインメニューを開く

戸沢 正親(とざわ まさちか)は、出羽新庄藩の第8代藩主。

 
戸沢 正親
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦7年3月3日1757年4月20日
死没 寛政8年9月21日1796年10月21日
改名 亀松(幼名)→正親
戒名 賢涼院寛翁道清
墓所 東京都港区三田の常林寺瑞雲院
官位 従五位下、上総
幕府 江戸幕府
出羽国新庄藩
氏族 戸沢氏
父母 父:戸沢正備、母:真了院
養父:戸沢正良
正室:浅野長喬の娘
継室:井伊直幸の養女(井伊直朗の娘)
正胤(長男)、娘(柳沢光被正室)

生涯編集

宝暦7年(1757年)3月3日(異説として宝暦12年(1762年))、3代藩主・正庸の七男・正備の長男に生まれる。天明6年(1786年)、先代藩主で従兄弟の正良が死去したため、その養嗣子となって跡を継ぐ。寛政元年(1789年)、藩内の70歳以上の老人を長寿として賞するなど、福祉政策を行い、さらに藩財政再建のために倹約や経費節減に努めた。寛政8年(1796年)9月21日(または9月18日)に死去し、跡を長男の正胤が継いだ。