メインメニューを開く

戸沢 正良(とざわ まさすけ)は、出羽新庄藩の第7代藩主。

 
戸沢 正良
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦11年(1761年
死没 天明6年8月16日1786年9月8日
戒名 戒運院勇山良将
墓所 東京都港区三田の常林寺瑞雲院
官位 従五位下、主計頭
幕府 江戸幕府
出羽国新庄藩
氏族 戸沢氏
父母 父:戸沢正庸、母:心涼院
養父:戸沢正産
兄弟 正産正良
正室:酒井忠仰の娘
実子:なし、養子:正親

生涯編集

宝暦11年(1761年)(異説として宝暦12年(1762年)4月16日)、第5代藩主・正諶の次男として生まれる。安永9年(1780年)、兄の第6代藩主・正産の死去により養子として家督を継ぐ。同年12月28日、従五位下、主計頭に叙任された。

藩政においては藩財政難の上、天明3年(1783年)からの天明の飢饉に苦しみ、家臣に対する給与においても飯代を払うのみとまでなってしまったとされている。天明6年(1786年)8月16日(異説として8月10日)に死去した。享年26。

実子が無く、従兄弟の正親が養子となり跡を継いだ。