メインメニューを開く

井伊 直朗(いい なおあきら)は、越後与板藩の第6代藩主。直勝系井伊家10代。

 
井伊直朗
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 寛延3年5月4日1750年6月7日
死没 文政2年12月20日1820年2月4日
改名 力三太(幼名)→直朗
戒名 大信院殿雪翁真覲大居士
墓所 東京都墨田区向島弘福寺
官位 従五位下、従四位下、兵部少輔、左京大夫
幕府 江戸幕府
越後与板藩
氏族 井伊氏
父母 父:井伊直存、母:貞松院(古川氏)
養父:井伊直郡
兄弟 直弼、直郡直朗直頼
正室:宝池院(田沼意次の次女)
松平忠翼(次男)、井伊直経(七男)、娘(井伊直広正室)、粲(井伊直亮継室)、娘(毛利高翰正室)、娘(戸沢正親継室)
養子:直広

生涯編集

寛延3年(1750年)5月4日、4代藩主・井伊直存の三男として江戸に生まれる。

宝暦10年(1760年12月25日、先代藩主の兄・直郡が死ぬ前日にその養嗣子となり、翌年2月18日に跡を継いだ。大坂加番や奏者番を勤め、天明元年(1781年)9月には西の丸若年寄文化元年(1804年)8月には城主格となり、参勤交代を行うことが義務化された。

文政2年(1819年)12月20日、江戸で死去した。享年70。婿養子としていた直広寛政4年(1792年)閏2月に早世していたため、その子の直暉が跡を継いだ。

次男は、桑名藩松平忠和の養子となり松平忠翼と改名。享和2年(1802年)、養父忠和の死去により、6代目の桑名藩主となった。

参考文献編集