メインメニューを開く

戸田 房子(とだ ふさこ、1914年2月13日 - )は、日本の作家。本名ふさ子。

台南州立第一高等女学校卒。1941年小説家としてデビューするが、戦後は同人誌『文芸首都』に所属して細々と小説を書き、1958年から平林たい子の筆記者を、その死去まで続けた。1980年代に評伝に転じ、1987年『詩人の妻生田花世』で平林たい子文学賞受賞。

著書編集

  • 『燃えて生きよ 平林たい子の生涯』新潮社 1982
  • 『詩人の妻生田花世』新潮社 1986

参考編集

  • 『文藝年鑑』2010年
  • 『燃えて生きよ』記載の伝記的事実