戸田 氏成(とだ うじしげ)は、美濃大垣新田藩三河畑村藩)の初代藩主。大垣藩戸田家分家初代。赤穂事件で知られる浅野長矩の従弟にあたる。

 
戸田氏成
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 万治2年(1659年
死没 享保4年5月3日1719年6月20日
改名 長三郎(幼名)、氏成
別名 弾正(通称
墓所 東京都文京区向丘の蓮光寺
官位 従五位下、淡路
幕府 江戸幕府
美濃国大垣新田藩主(三河国畑村藩主)
氏族 戸田氏
父母 父:戸田氏西、母:内藤忠政の娘
養父:戸田氏利
兄弟 氏定氏成
正室:牧野成貞の養女(小谷守栄の娘)
娘(戸田忠胤正室)
養子:氏房遠藤胤親
テンプレートを表示

生涯編集

万治2年(1659年)、美濃大垣藩の第3代藩主・戸田氏西の次男として生まれる。貞享元年(1684年)に分家で6200石を領する大身旗本戸田氏利の養子となり、貞享5年(1688年)7月10日に家督を継ぐ。このとき、兄の氏定から新田3000石を分与されて1万石の大名となり、大垣新田藩の藩祖となった。

元禄5年(1692年)3月、同国郡上八幡藩主の遠藤常久が7歳で死去したことにより、遠藤家は無嗣改易となった。 幕府では遠藤家の祖先の功績などを考慮して、将軍徳川綱吉の側室・お伝の方(瑞春院)の妹と旗本白須政休の長男の白須数馬を同年5月に一旦遠藤家の親族であった戸田氏の氏成の養子とした上で、これをさらに遠藤家の養子とし、常陸下野国内で1万石を与えて、大名遠藤家の再興を認めた。

元禄14年(1701年)3月、従弟の浅野長矩が高家旗本の吉良義央に斬りつけたため、縁戚による連座処分により6月まで出仕停止に処された。

同年10月、従五位下、淡路守に叙位・任官する。

正徳3年(1713年)、領内に倹約令を出して元禄文化による華美な文化の抑制、苦しくなる藩財政の再建に努めた。

享保4年(1719年)5月3日に死去した。享年61。跡を養子の氏房が継いだ。