メインメニューを開く
手島堵庵五楽舎址、京都市中京区富小路通六角上る西側

手島 堵庵(てじま とあん、享保3年5月13日1718年6月12日) - 天明6年2月9日1786年3月8日))は、江戸時代中期の心学者。豪商上河蓋岳の子で、母は上河氏。子に手島和庵がいる。本名上河喬房。通称を近江屋源右衛門という。字は応元、名は信、別名は東郭。

18歳の時に石田梅岩に師事。元文3年(1738年)開悟し、宝暦12年(1773年)頃に家業を和庵に譲る。その後は兄弟子たちの相次ぐ死もあり、石門心学の講説を行い、名声をあげる。隠居した当初は、京都富小路五楽舎に住み、講学の場とするも、門弟の増加により、安永2年(1773年)に五条東洞院修正舎安永8年(1779年)には西陣時習舎天明2年(1782年)には、河原町明倫舎を建て、石門心学の普及、宣伝に尽力する。

弟子には、中沢道二布施松翁上河淇水脇坂義堂薩埵徳軒などがいる。