メインメニューを開く
心学が教えた善玉悪玉の考えが広まり、踊りにも取り入れられた。葛飾北齋『踊獨稽古』に描かれた悪玉おどり。 (雙鶴堂鶴屋金助, 文化12年(1815年))

石門心学(せきもんしんがく)は、日本江戸時代中期の思想家・石田梅岩1685年 - 1744年)を開祖とする倫理学の一派で、平民のための平易で実践的な道徳教のことである[1]。単に、心学ともいう。様々な宗教・思想の真理を材料にして、身近な例を使ってわかりやすく忠孝信義を説いた[1]。当初は都市部を中心に広まり、江戸時代後期にかけて農村部や武士を含めて全国的に普及した。明治期に衰退したが、現代でも企業道徳の一環として学ばれている。

目次

概要編集

徳川吉宗の時代、町人に道徳意識を与えることが急務とされ、石門心学がその任務に当たった[2]。その思想は、神道儒教仏教の三教合一説を基盤としている。その実践道徳の根本は、天地の心に帰することによって、その心を獲得し、私心をなくして無心となり、を行うというものである。その最も尊重するところは、正直の徳であるとされる。

一般民衆への道話(どうわ)の講釈と心学者たちの修業(会輔)の場となったのが、心学講舎と呼ばれる施設である。明和2年(1765年)に手島堵庵が五楽舎を開いたのが最初である。最盛期には全国に180カ所以上の心学講舎があった。

講舎の流れを汲む心学明誠舎が明治以降も大阪市を中心に活動している[3]ほか、企業の社会的責任(CSR)といった現代のビジネス倫理の先駆と捉える解説・研究書が刊行されている。

名前の由来編集

石田梅岩門下の手島堵庵が大成したことから当初「手島学」と呼ばれていたが、松平定信が手島の弟子・中沢道二の道話を「心の学び」と言ったことから「心学」と呼ばれるようになった[1]。しかし、陽明学でも「心学」という用語を使うことから混同を避けるために「石門心学」と呼ばれたが、いつしか略されて「心学」が一般的呼称になった[1]

主な心学者編集

主な心学講舎編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 心学『大思想エンサイクロペヂア』28巻 (春秋社, 1930年) p105
  2. ^ 心学『大百科事典』第13巻、平凡社、1935年
  3. ^ 堀井良殷「心学が説く商人の道◇商家の家訓に影響与えた石田梅岩の哲学を紡ぐ◇」『日本経済新聞』朝刊2018年10月26日(文化面)2018年11月12日閲覧。

外部リンク編集