手島里華

ロサンゼルス在住のフリーアナウンサー

手島 里華(てじま りか、1972年5月29日 - )は、ジャーナリストフリーアナウンサー。元ニッポン放送TOKYO FMJ-WAVEのアナウンサー。

てじま りか
手島 里華
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-05-29) 1972年5月29日(48歳)
血液型 AB
最終学歴 立教大学文学部心理学科
職歴 ニッポン放送(1995年 - 1997年)
TOKYO FM(1997年 - 2006年6月)
J-WAVE(2006年9月 - 2013年6月)
活動期間 1995年 -
ジャンル 報道バラエティ
配偶者[1]
担当番組・活動
出演中 LA Morning
Sweet Digs LA
出演経歴 ひがのりおのみんなのラジオ!日曜版
toto〜calcio da J LEAGUE
SoCal Japan

来歴編集

東京都出身。立教大学文学部心理学科に進学。在学時は放送研究会に所属にしており、研究会の同期にはラジオ福島のアナウンサーである小川栄一がいる。また、コミュニティFM局でニュース読みのアルバイトをしていた[2]

同年3月、同大卒業後の同年4月、ニッポン放送に入社。同期は、現:ナレーターで同じく同局アナウンサーであった山岡和美。入社以後、『トヨタ 飛び出せ街かど天気予報』のリポーターとしてバラエティ番組にも出演し、朝の情報番組では報道取材を行なっていた。しかし、手島は元来報道に拘りたい想いを抱いており、同局編成局報道部所属で報道専従では無く、編成部アナウンサー室所属であるためバラエティ等の仕事に耐性が無く、1997年にニッポン放送を退職。同年TOKYO FMに移籍。報道・情報センター所属となり、朝の情報番組や報道取材を担当。2005年5月30日に放送された報道特別番組『ザ・ライン〜僕たちの境界線」』にナレーターとして出演し、第1回日本放送文化大賞ラジオ準グランプリ受賞[3]

しかし、2006年6月末付でTOKYO FMを退職[4]し、同年9月、同業他局であるJ-WAVEにプロデューサー職として再度移籍。開局以来、専属の局アナウンサーでは無く、契約のフリーアナウンサーアナで番組を凌いでいたが、2007年4月、プロデューサー職から正式に同局初の局所属のアナウンサーとなった。

育休中の2011年からカリフォルニア州ロサンゼルスに移住。2013年6月末付で、J-WAVEを退職[1]。フリーアナウンサーとして、同年10月より日系テレビ局UTBのキャスターを務めており、「ジャーナリスト」として、ロサンゼルス情報を発信しており、番組に寄っては日本の放送局の番組にも出演している。

人物編集

  • プライベートでは、2010年5月29日産休を取得するを発表し、7月に第一子を出産した。その後、育休を3年取得し、J-WAVEの仕事に復帰しようとしたが、旦那の仕事都合でそのまま退職する運びとなった[1]
  • 趣味がマラソントレイルランニングで、マラソンは一般ランナーで有りながら3時間を切る位のタイムである。また、東京マラソン20072008に出走し完走している。また、J-WAVE時代は会社の自席に緊急時に履けるランニングシューズを備えて置いていた[5]

出演番組編集

現在編集

ラジオ編集

  • LA MORNING(TSJ) - 2018年6月2日 -
  • Sweet Digs LA(TSJ・FM-FUJI) - 2018年6月2日 -

過去編集

ニッポン放送時代編集

TOKYO FM時代編集

J-WAVE時代編集

  • J-WAVE LIFE INFORMATION 
  • J-WAVE EC ONLINE TOKYO PREMIA メインナビゲーター。
  • J-WAVE Brand-new J Seven Seas メインナビゲーター
  • 在京民放ラジオ6局同時生放送 ”緊急地震速報”民放ラジオはこう伝える(在京民放ラジオ6局) - 2008年1月17日
  • J-WAVE GOOD MORNING TOKYO - 2007年9月3日 - 9月14日
  • STILL SHINE

フリー以後編集

脚注編集

  1. ^ a b c ご報告”. 六本木流行通信 J-WAVEニュースルームblog(J-WAVE) (2013年8月6日). 2016年4月12日閲覧。
  2. ^ LA立教会だより December 2018 新会員自己紹介 手島里華 (PDF)”. 立教大学校友会ロサンゼルス支部 (2018年12月1日). 2020年3月13日閲覧。
  3. ^ 日本放送文化大賞/第1回入選・事績”. 日本民間放送連盟 (2005年11月2日). 2016年4月12日閲覧。
  4. ^ 手島アナ、お疲れ様でした”. TOKYO FM 出版ハヤシが行く(TOKYO FM) (2006年6月29日). 2016年4月12日閲覧。
  5. ^ 平成20年度 広報誌「ぼうさい」 Active Woman file 6 アナウンサー 手島 里華さん”. 内閣府 (2008年3月1日). 2018年3月1日閲覧。

外部リンク編集