お早うネットワーク

NRN系列全国33局ネットで、一部の地域を除き、月曜 - 金曜の朝7時台に放送しているラジオ番組

お早うネットワーク(おはようネットワーク)は、NRN系列全国33局ネットで、一部の地域を除き、月曜 - 金曜の朝7時台に放送しているラジオ番組

概要編集

1968年に単独番組としてスタート。2019年1月時点で、タイトルコールをせずにゾーンとして継続しているが、NRN系列局でも栃木放送RSK山陽放送ではネットされていない[1]

大半の放送局では、「生島ヒロシのおはよう一直線」「話題のアンテナ 日本全国8時です」(いずれもTBSラジオ/JRN)をネット受けしている。加えて一部の局では「おはよう寺ちゃんニュース最前線」(文化放送/NRN)をネットする局もあり、この時間のネットワークニュースを、全系列キー局から受けている局もある。

放送形態編集

制作パターン編集

2018年4月の改編以降、放送形態が3つ存在している(いわゆる企画ネット番組)。
  1. Aパターン…月 - 金曜 7:10 - 7:25の15分間、ニッポン放送制作の同時ネット生放送『お早う! ニュースネットワーク』を放送している地域。【提供クレジット → CM → 本編 → CM → 提供クレジット】が放送パターン。
  2. Bパターン…月 - 金曜まで、ニッポン放送制作・裏送りの5分番組『情報宝島』を放送する地域。【タイトル コール・提供クレジット → 本編 → CM → 提供クレジット[2]】が放送パターン。
  3. Cパターン…前述のパターンに該当する番組をネットせず、自社制作番組などの中に番組スポンサーのCMのみをニッポン放送からネットする地域。

ニッポン放送 ワイド番組時代編集

1972年4月7日までは平日:6:00 - 9:30のワイド番組として放送していた。しかし、番組終了に伴い、番組を分割した編成に変わり、『山谷親平ショー』(7:00 - 8:00)、『高山栄ショー』(8:00 - 9:00)として分割した。

Aパターン編集

お早う! ニュースネットワーク
ジャンル 報道番組
放送方式 生放送
放送時間 平日 7:10 - 7:24(14分)
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 飯田浩司
提供 リバース60
テンプレートを表示

NRN系列33局中、21局ネットで放送されている番組であり、ニッポン放送においては、「ニッポン放送平日朝帯ワイド番組」に内包されている。

平日版編集

1968年4月、『お早うネットワーク』統一タイトルの30分番組として放送開始[3]。前半10分が、ネット各局ローカル放送で、7時10分には「今朝の焦点」、7時25分から「朝の発言」の2パターン構成だった[4]

その後、キー局であるニッポン放送では、1973年10月1日に『山谷親平のお早ようニッポン』がスタートした事で、当該番組が内包され、ネット各局はネットパターンが分かれて、「今朝の焦点」、「朝の発言」それぞれをネットする形のパターンと、自社製作で、スポンサーネットするパターンに分かれたが、「今朝の焦点」「朝の発言」は、セットでネットする局が多数を占めた。

1984年11月28日、病気療養中だった山谷親平が急死し、代理パーソナリティで繋いで番組が終了。1985年4月8日、『高嶋ひでたけのお早よう!中年探偵団』をスタートさせ、以後、内包番組名をリニューアルと供に変更を繰り返した[5]

『中年探偵団』の終了以後は、2004年3月22日から森永卓郎が平日夕方放送枠から移動してスタートした『森永卓郎の朝はモリタク!もりだくSUN』、『森永卓郎 朝はニッポン一番ノリ!』では、「なるほど! ニュースネットワーク」へ改題。2007年下半期改編に、上柳昌彦が平日午前枠から移動してスタートした、『上柳昌彦のお早うGoodDay!』では、「GoodDay! ニュースネットワーク」に改題。 2010年下半期改編にて、高嶋が6年振りに平日朝番組枠に復帰した、『高嶋ひでたけのあさラジ!』では、「やじうま ニュースネットワーク」へ改題。

2018年上半期改編にて、平日夕方放送枠から移動した飯田の冠番組である『飯田浩司のOK! Cozy up![6]がスタートした事に伴い、当該番組も41年振りに『お早う! ニュースネットワーク』に再び改題された[7]。ニッポン放送 報道部記者の出演は原則廃止され、アシスタントのアナウンサーは提供読みのみとなり、内容も複数のニュースではなく、1~2つのニュースをメインに紹介し、コメンテーターとニュースを解説する形に改めた。

出演者編集
パーソナリティ編集
アシスタント編集
コメンテーター編集
日替わり専門家編集
解説するニュースによって、Aパートの番組にレギュラー出演しているコメンテーターと別の識者と電話を繋ぐ若しくはスタジオにて出演して貰う
ネット局編集

記述の無い局は単独番組として放送されている。

放送地域 放送局名 内包番組 備考
関東広域圏 ニッポン放送(LF) 飯田浩司のOK! Cozy up! 制作局
北海道 STVラジオ 北海道ライブ あさミミ!
青森県 青森放送(RAB) 朝ワイ!ダッシュ
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 朝からRADIO
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC) グッとモーニン!!
茨城県 茨城放送(LuckyFM) 「Morningナビ!!」 2011年10月3日よりネット開始
長野県 信越放送(SBC) モーニングワイド ラジオJ
富山県 北日本放送(KNB) 「KNBモーニングすくらんぶる」
石川県 北陸放送(MRO)
福井県 福井放送(FBC) 良ーいドン!!
和歌山県 和歌山放送(wbs) グッディ!
山口県 山口放送(KRY) 「KRY Morning Up」
島根県鳥取県 山陰放送(BSS)
香川県 西日本放送(RNC) さわやかラジオ おはようハイタッチ!
高知県 高知放送(RKC)
徳島県 四国放送(JRT) 「JRTラジオ あさ一番」
長崎県佐賀県 長崎放送(NBC)
NBCラジオ佐賀
早版!! あさかラ!
大分県 大分放送(OBS) 「モーニングエナジー」
宮崎県 宮崎放送(mrt) おはよう!ニュースキャッチ
鹿児島県 南日本放送(MBC) モーニングスマイル
変則ネット編集

ニッポン放送がクリスマスである12月25日が平日の場合『ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』編成のため[22]、ネット局向けの裏送り扱いとなり、直近の生放送日に当日のニュースかつコメンテーターでは無く、別途前日に収録した音源かつコメンテーターもテーマに沿った人物をブッキングして番組収録を行った分を放送する。2019年迄は、『ニッポン放送新春スペシャル(特番)』(1月1日)時と、5年に1度編成される、制作局であるニッポン放送の開局記念特番組編成時も当該時間帯いワイド番組が休止の場合、ネットワークニュースはネット局でのみニッポン放送からの裏送り向けに事前収録音源で編成[23]。ただし、2021年元日は通常通り編成されたため、通常通りのネット構成にしたが、飯田単独の番組とした。

土曜版編集

1980年代当時、平日版と同じタイトルで放送しており、1985年上半期改編にてスタートした、『くず哲也のほいきた!土曜日一番のり』からは平日版のパーソナリティ名だけを変えた同名タイトルで開始し、1986年7月に番組開始した『山口良一のそれゆけ!土曜日行進曲』でも同様の形式を採っていた。

1989年4月にスタートした、土曜の朝ワイド番組『(トキちゃん・理恵の)目覚ましかぼちゃモーニング』にて、「我ら アドベンチャーファミリー」のタイトルで放送し、後継番組である『土曜だ!いい朝KOASAクン』にて内包していた「おはよう事件フラッシュ」迄は、NRN系列局ではニッポン放送の制作で同時ネットにて放送していた。

1999年7月、ニッポン放送では『お願い!DJ!克也とミッちゃんはっぴぃウィークエンド』がスタートしたが、この番組開始をきっかけに同局制作の裏送り番組に変更し、ニッポン放送は土曜日のみCパターンへ移行、同時期にネット局では平日版と同じ放送枠で「アミューズメントワールド」を開始。常倉と『中年探偵団』のアシスタントがパーソナリティを務めた「トキちゃんのアミューズメントワールド」の内包番組名で放送していたが、2003年に常倉が死去以後、冠を外して放送を継続。冨田憲子→増田みのり→垣花正→上柳昌彦と変遷していったが、2008年9月27日にて番組終了と同時に土曜版は廃止された。

Bパターン編集

畑中秀哉の情報宝島
ジャンル 報道番組
放送方式 録音
放送時間 5分
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 畑中秀哉
提供 司法書士法人中央事務所
テンプレートを表示

Bパターンの「情報宝島」(じょうほうたからじま)はNRN系列33局中、11局ネットで放送されている番組。正式には『畑中秀哉の情報宝島』(はたなかひでやのじょうほうたからじま)でキャスターの冠番組。

概要編集

ニッポン放送の裏送り制作番組。番組としては、畑中が一人で、放送原稿を読み上げるだけのもの。取り上げる内容は「今日は何の日」的なもの、時事にかかわる話、ニュースの裏側の解説等、多彩かつ多岐に渡っている。

2009年10月頃から、毎週金曜日は「私の町のお宝情報」と銘打ち、リスナーからの投書を紹介するものになっており、採用されると採用者にしかわからないノベルティ、「ニッポン放送特製『宝のしましま』」が複数枚贈呈される。また木曜日には「にっぽん宝探し」と題し、毎週一つの都道府県にスポットを当て、それについての観光・文化・社会について述べるコーナーがある。かつては高嶋ひでたけ比嘉憲雄が担当していた。

福井放送と大分放送も、以前は情報宝島を放送していたが、2003年から、Aパターンに変更し、同時ネットに切り替わった。

北陸放送は2006年4月から、平日のみ、Aパターンに移行。2008年4月からは土曜日も、Aパターンに移行した。逆に、ラジオ沖縄は2018年10月1日をもって、Aパターンから、当該パターンに変更となった。

A・Bの両方の放送は、2021年4月現在秋田放送・山形放送[24]・高知放送の3局である。但し、Aパターンと協賛スポンサーが重複するために「情報宝島」についてはノンスポンサーの扱いで放送している。特に、高知放送についてはAパターンの放送が終わった後に連続で「情報宝島」を放送する日程が組まれている。なお過去に高嶋担当の頃は、同様のパターンの放送局も多かったが、比嘉に変更してからは、秋田放送・高知放送に山口放送[25]を加えた3局のみになった。

土曜の放送は、2008年9月をもって終了。長年ネットしていなかったKBS京都ラジオでも2013年4月よりBパターンにて開始した。

東北放送では長年にわたってて当番組をネットしてきたが、『あさナビ』を放送することに伴い、2014年4月からCパターンに移行したものの、『あさナビ』を一旦終了したことに伴い2016年3月28日からBパターンの放送を再開した[26]。しかし、2019年4月1日より『あさナビ』のネット再開に合わせて、再びBパターンからCパターンに移行した。

出演者編集

パーソナリティ
ナレーション(提供クレジット)
  • 新行市佳(ニッポン放送アナウンサー)

Aパターンと双方を放送する秋田放送・山形放送・高知放送ではスポンサーはつかないので新行のナレーションはなし。秋田では独自のオープニングを流す[27]。山形・高知ではオープニングもなく、放送開始時間になるといきなり畑中の挨拶で番組が始まる。また、山形・高知ではエンディング曲(DEPAPEPEの『Morning Smile』)が他のネット局よりも長めに流れる。

ネット局編集

内包番組が無い場合は単独番組として放送される。放送時間の早い順から記載。

放送地域 放送局名 放送時間 内包番組 備考
山形県 山形放送(YBC) 5:20 - 5:25 2021年3月29日より放送開始。
秋田県 秋田放送(ABS) 6:55 - 7:00
福島県 ラジオ福島(rfc) 7:05 - 7:09 レディ・オン
新潟県 新潟放送(BSN) 7:05 - 7:10 「石塚かおりのBrand New Day」
山梨県 山梨放送(YBS) 7:15 - 7:20
熊本県 熊本放送(RKK) 奥田圭のさんさんラジオ
沖縄県 ラジオ沖縄(ROK) 7:20 - 7:25 「SPLASH!!!」 2018年10月よりネット開始。[28]
愛媛県 南海放送(RNB) 7:25 - 7:30 山下泰則のモーニングディライト(月曜 - 木曜)
江刺伯洋のモーニングディライト(金曜)
」 
高知県 高知放送(RKC)
京都府滋賀県 KBS京都
KBS滋賀
7:34 - 7:39 笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ

Cパターン編集

NRN系列33局中、6局で行われるパターン。CMのみネットしている「企画ネット」扱いである。

概要編集

実施局は東北放送静岡放送東海ラジオMBSラジオ中国放送九州朝日放送の6局。局によって放送時間が異なるが、全て月〜金曜の5 - 13分間、自社制作番組を放送。

東海ラジオ・静岡放送・東北放送は、自社制作番組を放送する前は、平日は「情報宝島」を放送していた。土曜日は上記の6局のほか、Aパターン・Bパターンの放送局も行なわれていたが、2017年3月をもって土曜日の放送を終了。

また、上記のとおり、1999年7月 - 2007年3月24日まではニッポン放送も土曜日のみCパターンで放送した。

実施局編集

放送時間の早い順から記載。

放送地域 放送局 放送時間 内包番組
当番組のタイトル名
備考
近畿広域圏 MBSラジオ[29] 7:01 - 7:06 上泉雄一のええなぁ!』内
MBSニュース
平日 - 『おはようMBS』は「今朝の焦点〜毎日ニュース〜
おはよう川村龍一です』は「夜討ち朝駆け ホットな情報〜毎日ニュース〜」であったが
はやみみラジオ!水野晶子です』以降では定時ニュースの前後にCMを流している。
土曜 - 『おはよう!松井さんちの土曜日です』前期までのタイトルは平日版と同じ[30]
後期に「毎日ニュース」と改称した後に、定時ニュースのスポンサードとなる。
静岡県 静岡放送(SBS) 7:03 - 7:10 IPPO』内
静岡新聞ニュース
過去に内包していた番組は『とれたてラジオ〜One to one〜』→『朝だす!』→『朝番長』。
2000年代に入る前までは『情報宝島』をネットしていた。
福岡県 KBCラジオ 7:05 - 7:20 アサデス。ラジオ(モーニング)』内
大事なニュース ここ大事!
中村もときの通勤ラジオ』は「今朝のスポットライト
武内裕之That's On Time』は「That'sフォーカス
Morning Wave』は「ニュース・クローズアップ
川上政行 朝からしゃべりずき!』は「しゃべりずき!インサイド
『アサデス。ラジオ』では2020年9月まで「フォーカス・イン」 としてそれぞれ放送。
『長谷川ひろし おはよう7』はニッポン放送でかつて使用されていた「けさの焦点[31]
それより前及び土曜日にはニッポン放送と同一の「世直し研究所」を使用。
中京広域圏 東海ラジオ(SF) 7:08 - 7:15 小島一宏 モーニングッド!』内
今日のピックアップ
平日 - 『伊藤春雄のさん!さん!モーニング』は「ひと声千両! この人にきく
小島一宏 morning あい land』は「アイランドBOX
源石和輝 モルゲン!!』は「くらべるモルゲン」としてそれぞれ放送[32]
土曜 - 『心ひらいて 土曜がイチバン』に「週刊レポート
『サタデーパーク アマチン通り』に「週刊トピックス」としてそれぞれ放送。
広島県 中国放送(RCC) 7:15 - 7:28 本名正憲のおはようラジオ』内
おはようフォーカス
長年自社番組のタイトルは『おはようラジオ』だが、当初の頃は「けさの焦点」、
改題して2010年3月までは「夜うち朝がけリンリン情報」というタイトル。
宮城県 東北放送(tbc) 7:30 - 7:41 Goodモーニング』内
ニュースクローズアップ
過去のパターン局
関東広域圏 ニッポン放送(LF) 7:18 - 7:30 『お願い!DJ!
克也とミッちゃんはっぴぃウィークエンド』

『お願い!DJ!
克也とのりちゃんはっぴぃウィークエンド』

『お願い!DJ!
小林克也はっぴぃウィークエンド』

内「かけまくリクエスト
前述通り、1999年7月10日 - 2007年3月24日に編成。

脚注編集

  1. ^ 重複しない放送対象地域に限れば、2019年1月現在放送されていない地域は岡山県のみ。また、山陽放送は、1997年9月まではJRN単独ネットであった。
  2. ^ エンディングで提供を読まない場合は「情報宝島、ニッポン放送の制作でお送りしました」というアナウンスになる場合がある。
  3. ^ ニッポン放送 2014年6、7月 TIME TABLE「THE HISTORY OF NIPPON BROADCASTING SYSTEM
  4. ^ Cパターンの九州朝日放送では「今朝の焦点」を1999年3月まで、タイトルのみの企画ネットとして使用していた
  5. ^ 変遷は『中年探偵団」の頁参照。このうち、初代の『ひでたけの夜討ち朝駆け』についてはCパターンの中国放送が「夜うち朝がけリンリン情報」と改題の上で企画ネットとして使用していた。また1989年から使用の2代目『ひでたけの世直し研究所』もパーソナリティ名を外した状態でKBCにて使用。
  6. ^ “朝の新番組「飯田浩司のOK! Cozy up!」4月2日スタート” (プレスリリース), ニッポン放送, (2018年3月5日), http://www.1242.com/lf/articles/93665/?cat=politics_economy&pg=飯田浩司のok-cozy-up 2018年3月5日閲覧。 
  7. ^ 但し、「ニュース」と言う呼称は付与されている
  8. ^ 夏季及び振替休暇で休演の場合は、内包先のレギュラーコメンテーターがパーソナリティの代役扱い
  9. ^ 飯田の夏季及び振替休暇で休演の場合は、代役扱いで本編にも出演する
  10. ^ 『飯田浩司のOK! Cozy up!』において別コーナーを挟み、「ココだけニュース スクープUP!」にも通しで出演した
  11. ^ 大阪府北部地震発生に伴い、震源地隣接自治体である枚方市在住で被災時インタビュイー
  12. ^ cozy1242のツイート(1008592441736192000)
  13. ^ 当日は、裏番組である『モーニングCROSS』(TOKYO MX)にゲスト出演のため、電話にて事前収録
  14. ^ 台風21号京阪神地域被災レポート
  15. ^ 内包先である『OK! Cozy up!』の月曜隔週レギュラーであるが、出演日では無い前週の週末に安倍晋三内閣総理大臣辞意の報で急遽電話にて背景解説出演
  16. ^ 内包先である『OK! Cozy up!』の木曜隔週レギュラーであるが、2020年アメリカ合衆国大統領選挙に伴う、第1回 テレビ討論会についての解説出演
  17. ^ “高市氏、総裁選重ねて意欲 9月に政策集出版”. 産経新聞. (2021年8月17日). https://www.sankei.com/article/20210817-MXXVUH5KHZM57MSJI4WHI2CDL4/ 2021年8月17日閲覧。 
  18. ^ “高市氏、総裁選重ねて意欲 9月に政策集出版”. 日本経済新聞. (2021年8月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA1756X0X10C21A8000000/ 2021年8月17日閲覧。 
  19. ^ “総裁選出馬、重ねて意欲 自民・高市氏”. 時事通信社. (2021年8月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021081700300&g=pol 2021年8月17日閲覧。 
  20. ^ 高市早苗前総務大臣、自民党総裁選への立候補に意欲示す「早く着手しなければ、大切なものを守り抜けない」”. ニッポン放送 NEWS ONLINE(ニッポン放送) (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  21. ^ 2021年8月17日(火)コメンテーター有本香 (ゲスト:自由民主党 衆議院議員 高市早苗) - YouTube
  22. ^ 独自で『ミュージックソン』を編成する、STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、和歌山放送、西日本放送は全時間帯編成して無いので、朝ワイド番組にて内包、ないしは独立枠扱い。
  23. ^ 『お早う!〜』以前は放送曜日が火 - 金曜の場合は前日の顔触れ、月曜の場合は前週金曜の顔触れとなるケースが多いがズラすケースも存在した
  24. ^ 2021年3月29日よりネット開始。
  25. ^ 2021年4月現在はAパターンの単独放送となっている。
  26. ^ TBCラジオ「2016年春の新番組」のご案内
  27. ^ また、秋田独自のエンディングもある。
  28. ^ 2018年9月まではAパターン『お早う!ニュースネットワーク』をネットしていた。
  29. ^ 2021年3月31日までは毎日放送のラジオ放送部門(正式な社名は「毎日放送」)で、この部門を翌4月1日付で株式会社MBSラジオが承継したことに伴って、NRNへの加盟社が毎日放送から株式会社MBSラジオへ移行。
  30. ^ 7:00からの単独番組として放送していた時期あり
  31. ^ ただし、1986年秋時点では『夜討ち朝がけ・けさの焦点』というタイトルにしていた
  32. ^ 『天野良春の朝からごきげん』→『おはよう松原敬生です』は「情報宝島」をネット受けしていた。

外部リンク編集