抒情小曲集』(じょじょうしょうきょくしゅう、ノルウェー語: Lyriske stykker)は、エドヴァルド・グリーグが1867年から1903年にかけて作曲した、全66曲からなるピアノ曲集。6~8曲ごとにまとめられて出版され、全10集からなる。第1集はコペンハーゲンの出版社から、第2集以降はドイツペータースから出版された。

「蝶々」(作品43-1)、「春に寄す」(作品43-6)、「トロルドハウゲンの婚礼の日」(作品65-6)などはとりわけ有名である。

個々の曲名は、音楽之友社『グリーグ 抒情小曲集 1・2』(舘野泉解説)による。

第1集 作品12編集

1867年に出版。この時期は、ニーナ・ハーゲルップとの結婚の年で、翌1868年にピアノ協奏曲を作曲するなど、充実した創作期の作品である。後の作品集と比較すると、音形は単純で、複雑な技巧は必要としないながらも、すでにグリーグらしさは発揮されている。

  1. アリエッタ
    変ホ長調。ポコ・アンダンテというゆったりとしたテンポで開始される。この曲はおよそ34年後に、『余韻』として戻ってくる。
  2. ワルツ
    単純な曲ではあるが、グリーグならではの味わいをもつ。
  3. 夜警の歌
    シェイクスピアの『マクベス』から霊感を受けて作曲された。中間部は「夜の精たち」と題され、和音はラッパの音をあらわす。
  4. 妖精の踊り
  5. 民謡
  6. ノルウェーの旋律
  7. アルバムの綴り(アルバムリーフ)
  8. 祖国の歌
    短いながらも、堂々とした曲。友人のビョルンスティエルネ・ビョルンソンが詩を付けて男声合唱にも編曲されている[1]

第2集 作品38編集

1883年に出版。第1集から16年の隔たりがある。ピアノ協奏曲『ペール・ギュント』の音楽を作曲し、名声は揺るがないものとなったが、以降ピアノや歌曲、室内楽作品などを中心に手がけるようになっていく。

  1. 子守り歌
    その名の通り、静かで美しい作品。主部はト長調。ト短調の中間部からト長調への転調が、絶妙。
  2. 民謡
    ホ短調。4分の3拍子。アレグロ・コン・モートの付点音符が特徴的な軽快な舞曲風。
  3. メロディ
  4. ハリング(ノルウェー舞曲)
  5. 飛びはね踊り
    スプリング・ダンスとも訳される。ノルウェーの舞曲の一種である。
  6. エレジー
  7. ワルツ
    ホ短調。ポコ・アレグロ。
  8. カノン
    起伏の大きな、左右の手の対旋律による進行。シューマンの影響がうかがえる。

第3集 作品43編集

第2集の翌年に作曲されたが、出版は1886年。ヨーロッパ各地への演奏旅行の合間に書かれた曲。全体的に春の喜びに溢れている。

グリーグ(1903年)録音。リマスター済。

Bernd KruegerによるMIDIデジタルピアノ演奏(2008年)

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
  1. ちょうちょう(蝶々)
    細かい流れるような音列が蝶々の飛翔を表現している。分散された音符の中からしっとりわき上がるメロディは、優しさにあふれている。
  2. 孤独なさすらい人
  3. 故郷にて
  4. 小鳥
    32分音符のトレモロが小鳥のさえずりを表現している。アレグロ・レッジェーロ(軽やかに)。
  5. 愛の歌
    非常に甘美な旋律をたっぷりと歌いながら演奏する。
  6. 春に寄す
    4分の6拍子。右手の和音の連打のもとに、左手の旋律が浮かび上がる。このリズム感は、シベリウス交響曲第2番の冒頭と共通する点がある。

第4集 作品47編集

1888年に出版。作品は1885年に遡るものもある。「アルバムの綴り」、「ハリング」、「飛びはね踊り」など、他の曲集と重複する名前の曲がある。

  1. 即興的ワルツ
  2. アルバムの綴り
  3. メロディ
  4. ハリング
  5. メランコリー
  6. 飛びはね踊り
  7. 悲歌(エレジー)

第5集 作品54編集

1891年に出版。『抒情小曲集』の中心をなす完成度の高いもの。最初の4曲は作曲者により『抒情組曲』として管弦楽へ編曲されている。

  1. 羊飼いの少年
    憂いをおびたフルートの響きを模した旋律。
  2. ノルウェーの農民行進曲
  3. 小人の行進
    原曲名は「トロルの行進」であるが、巨大なトロルではなく、茶目っけのある子供のようなトロルをイメージしている。
  4. 夜想曲
  5. スケルツォ
  6. 鐘の音
    空虚五度の響きを中心にした実験的な作品。
    『抒情組曲』の原型となったアントン・ザイドル編曲による『ノルウェー組曲』の一曲に含まれていた[2]。作曲者自身が組曲を編み直した際に外され、代わりに「羊飼いの少年」が加えられたが、「鐘の音」もザイドル編曲作品として時折単独で演奏される。

第6集 作品57編集

1893年に出版。フランスの保養地マントンで作曲された。祖国への郷愁とヨーロッパ的なスタイルが同居している。

  1. 過ぎ去った日々
  2. ガーデ(ゲーゼ)
    デンマークの作曲家ニルス・ゲーゼ没後の回想として作曲された。
  3. 幻影
  4. 秘密
  5. 彼女は踊る
  6. 郷愁
    ノルウェーの山峡地帯の山羊笛の音を模した旋律。

第7集 作品62編集

1895年に出版。トロルドハウゲンで作曲された。体調が次第に悪化していった時期の作品。第5、6集と比べ地味なため玉石混淆と言われることもあるが、むしろ芸術性は高まり、グリーグ後期の繊細で洗練された自然美が描かれる。

  1. 風の精
  2. 感謝
  3. フランス風セレナード
  4. 小川
  5. 夢想
  6. 家路
    3部形式。家路を急ぐ主部と、過去を回想するカンタービレの中間部とからなる。

第8集 作品65編集

1896年に書かれ、1897年に出版。ピアニストの舘野泉によれば、第5曲をはじめとして「バラード調」の曲が多い。

グリーグによる「トロルドハウゲンの婚礼の日」。1906年録音。
  1. 青春の日々から
    哀愁を帯びたメロディと、躍動的な中間部が対照的な、やや大規模の曲。
  2. 農民の歌
  3. 憂うつ
  4. サロン
  5. バラード調で
  6. トロルドハウゲンの婚礼の日英語版ノルウェー語版
    全曲中もっとも大規模で、人気のある曲。管弦楽編曲もされて親しまれる[3]
    元来はグリーグ家の友人の誕生祝いとして作曲されたが、出版時には出版社の意向もあって、グリーグ夫妻の結婚30周年祝賀の意味が込められることになった[4]

第9集 作品68編集

1898年から1899年初めに書かれ、1899年に出版。2~3分の小さな曲ばかり。第4曲と第5曲は1899年にグリーグ自身が管弦楽(基本は弦楽合奏だが第4曲のみオーボエホルンを1本ずつ使用)に編曲している。

  1. 水夫の歌
    輪郭のはっきりした快活な曲。2分の2拍子、ハ長調というのもわかりやすい。
  2. おばあさんのメヌエット
    おばあさんにしては軽快で動きの激しいメヌエット
  3. あなたのそばに
    ロマンティックで甘美なメロディ。愛妻ニーナへの想いを綴った曲。
  4. 山の夕べ
    山羊笛を摸す単音のメロディが続き(管弦楽版ではこれをオーボエが延々と吹く)、中間部ではffで最高潮に達する。
  5. ゆりかごの歌
    ホ長調。アレグロ・トランキラメンテ。pの目立つ曲。グリーグ夫妻はひとり娘をわずか1歳で失った(その後は子供に恵まれなかった)。その子への追想の曲となっている。
  6. 憂うつなワルツ

第10集 作品71編集

20世紀に入り、1901年5月に5曲を作曲。同年に出版。

Bernd KruegerによるMIDIデジタルピアノ演奏(2007年)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
  1. 昔々
    スウェーデン民謡とノルウェー舞曲による3部形式の曲。
  2. 夏の夕べ
    ノルウェーの夏の夕暮れをグリーグらしい独特な曲で仕上げている、とても美しく抒情的な曲である。
  3. 小妖精
    こちらの駆け回る妖精は、おなじみのトロルではなく、パックである。
  4. 森の静けさ
    レントの落ち着いた曲。ppで始まり、pppで終わる。
  5. ハリング
  6. 過去
    半音ずつの下降で、抒情小曲集全体の終わりを告げる。
  7. 余韻
    第1集第1曲の「アリエッタ」を3拍子に変奏したワルツ。最初のト音および終結のト音にはフェルマータが付けられ、余韻を残す。

全曲を録音したピアニスト編集

管弦楽編曲編集

グリーグ自身によるもの編集

前述のように、6曲が編曲されている。

  • 第5集から「羊飼いの少年」「ノルウェーの農民行進曲」「夜想曲」「小人の行進」(組曲での曲順)の4曲が『抒情組曲』に編まれた。
  • 第9集から「山の夕べ」「ゆりかごの歌」の2曲が編曲された。2曲を合わせて『2つの抒情的小品』と呼ぶこともある。

他の作曲家によるもの編集

脚注編集

  1. ^ アーリング・ダール(小林ひかり訳)『グリーグ その生涯と音楽』(音楽之友社、2012年)pp.170-172
  2. ^ 『グリーグ その生涯と音楽』pp.196-198
  3. ^ 『作曲家別名曲解説ライブラリー18 北欧の巨匠』(音楽之友社、1994年)p.80
  4. ^ 『グリーグ その生涯と音楽』p.203
  5. ^ Grieg, Edvard: ACHT LYRISCHE STÜCKE für Orchester | Sikorski Music Publishers”. 2022年2月27日閲覧。
  6. ^ Edvard Grieg | Twelve Lyric Pieces | Orchestration by Richard Rijnvos (2017)”. 2022年2月21日閲覧。

外部リンク編集