ビョルンスティエルネ・ビョルンソン

ノルウェーの作家

ビョルンスティエルネ・ビョルンソン(Bjørnstjerne Bjørnson [ˈbjøːɳˈstjæːɳə ˈbjøːɳˈsɔn], 1832年12月8日1910年4月26日)は、ノルウェーの作家。1903年ノーベル文学賞を受賞した。

Bjørnstjerne Bjørnson
ビョルンスティエルネ・ビョルンソン
Portrett av Bjørnstjerne Bjørnson, 1909 - no-nb digifoto 20150129 00043 bldsa BB0791 - Restoration.jpg
ビョルンスティエルネ・ビョルンソン(1909年)
誕生 Bjørnstjerne Martinius Bjørnson
(1832-12-08) 1832年12月8日
スウェーデン=ノルウェーの旗 スウェーデン=ノルウェーヘードマルク県
死没 1910年4月26日(1910-04-26)(77歳)
フランスの旗 フランス共和国、パリ
言語 ノルウェーの旗 ノルウェー語
国籍  ノルウェー
主な受賞歴 ノーベル文学賞(1903年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1903年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:その感化の鮮度と精神の希少な純度の両方において名高い、高貴で壮大、且つ多彩な詩に敬意を表して
関連ポータルのリンク

ヘンリック・イプセンヨナス・リーアレクサンダー・ヒェランとともにノルウェー人作家の「偉大な4人」とされる。代表作は詩集『詩と歌』である。ノルウェーの国歌『我らこの国を愛す』の作詞者であり、また長らく50クローネ紙幣に肖像が描かれていた。

作曲家のエドヴァルド・グリーグとは親密な関係にあり、グリーグは戯曲十字軍の兵士シグール』の音楽を手がけた他、後述のようにビョルンソンのテクストに基づく歌曲や合唱曲、オペラ(未完)、メロドラマなど多くの作品を作曲している。

日本語訳書編集

  • 喜:家庭小説 (三浦関造彩文館 1911年6月)
  • レオナルダ (滝村立太郎訳 金港堂(西洋名劇集) 1911年6月)
  • アルネ (矢口達訳 新陽堂 1912年5月)
  • 新一幕物 人力以上 (森鷗外訳 籾山書店 1913年)
  • 若き葡萄の花咲く頃 (島村民蔵訳 演劇無名会 1914年)
  • 森の処女 (三上於菟吉新潮社 1918年)
  • 近代劇五曲 続 新夫婦 (小山内薫訳 国文堂書店 1921年)
  • アブサロムの髪 (渡辺清訳 聚英閣 1921年)
  • 近代劇大系 第4巻 人力以上 (吉田白甲訳 近代劇大系刊行会 1925年)
  • アルネ シンネエヴェ・ソルバッケン 手套 (生田春月訳 世界文学全集 第27巻 新潮社 1928年)
  • 日向丘の少女 アルネ (宮原晃一郎訳 ノーベル賞文学叢書 6 今日の問題社 1940年)
  • 短篇小説読本 第1輯 父親 (三輪健太郎訳 桜華社出版部 1943年)
  • 日向が丘の少女 (大滝重直著 講談社(世界名作全集) 1954年)
  • 日向丘の少女 シュンネーヴェ・ソルバッケン (山室静訳 角川文庫1954年)
  • 父親、熊狩りの名人、まごころ、鷲の巣、クロ (山室静訳 世界文学全集 河出書房新社 1957年)
  • 楽しい少年 (植田敏郎訳 世界少年少女文学全集 東京創元社 1958年)
  • 日向が丘の少女 (矢崎源九郎訳 少年少女世界文学全集 37(北欧編 3) 講談社 1961年)
  • 日向が丘の少女 (森いたる訳 岩崎書店(世界少女名作全集) 1963年)
  • 人の力を超えるもの (毛利三弥訳 ノーベル賞文学全集 19 主婦の友社 1972年)
  • 日向が丘の少女 岡上鈴江文 (母と子の名作文学 集英社 1973年)
  • アルネ (小林英夫岩波文庫 1975年)
  • 日向が丘の少女 (立原えりか 集英社(マーガレット文庫世界の名作) 1976年11月)
  • 日なたが丘の少女 (山内清子小学館(フラワーブックス) 1983年5月)
  • 父 くわしい注釈で読むノルウェー語 (岡本健志訳注 大学書林 1994年1月)

グリーグの主な作曲作品編集

  • 王女(歌曲)
  • 南の修道院の前で 作品20(独唱、合唱、管弦楽)
  • 『漁師の娘』からの4つの詩 作品21(歌曲集) 「初めての出会い」「おはよう」「私は春に詩を捧げる」「ご忠告ありがとう」
  • 十字軍の兵士シグール 作品22(劇付随音楽)
  • 故郷への帰還 作品31(カンタータ)
  • ロマンス集 作品39(歌曲集) うち2曲:「モンテ・ピンチョから」「秘密の愛」
  • ベルグリオット 作品42(メロドラマ:朗読とピアノまたは管弦楽)
  • オーラヴ・トリグヴァーソン 作品50(オペラ) ※未完、一部が独唱、合唱、管弦楽のための『オーラヴ・トリグヴァーソンからの3つの情景』として発表された。
  • 子供の歌 作品61(歌曲集) うち1曲:「呼び声」

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

  • ビョルンスティエルネ・ビョルンソン:作家別作品リスト - 青空文庫
  • プロジェクト・グーテンベルク
  •   この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Björnson, Björnstjerne". Encyclopædia Britannica (英語). 4 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 17.