メインメニューを開く

按察使局伊勢(あぜちのつぼねいせ、生没年不詳)は、平安時代の女性。平時子建春門院建礼門院に仕えた。

経歴編集

父は藤原公通。出自については諸説あり、大和石上神社祠官の娘とも伝わる。また、幕末真木保臣は末裔と伝える。

はじめ、時子に仕え、後に徳子の入内に従った。寿永4年(1185年)の壇ノ浦の戦いでは時子らに従い入水するが、源氏に生け捕りにされる。千歳川のほとりの鷺野ヶ原に移住した。吾妻鏡にはこの按察使局が安徳天皇を抱いて入水したとある。

その後は剃髪し、千代と号し、平家一門の菩提を弔った。また、村人たちから慕われ尼御前と呼ばれていた。村人には加持祈祷を行っていた。その社は尼御前神社と呼ばれ、水天宮の由来となった。晩年、平知盛の次男・平知時の四男・平右忠を肥後国から迎え、養子とする。

現在は、千代松神社に祀られている。

出典編集

  • 万有百科大事典 第4巻
  • 東京年中行事 第106巻
  • 神道史大辞典
  • 久留米市史 第6巻