教宗寺(きょうそうじ)は大阪府高槻市芥川町にある浄土真宗本願寺派仏教寺院。本尊は阿弥陀如来である[1]

教宗寺
Kyosouji01.jpg
所在地 大阪府高槻市芥川町4丁目6-3
位置 北緯34度51分8.3秒
東経135度36分36.5秒
山号 神恵山
宗派 浄土真宗本願寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 1287年(弘安10年)
開基 了専
法人番号 2120905002069 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

 
石槽

寺伝によると、1287年(弘安10年)[1]、当寺の先祖である田淵久兵衛教宗が、親鸞聖人の弟子となり了専と法名し、自宅を寺に改めて開創したとされ[2]、のちに聖人の勅号に因んで教宗寺の称号を与えられたといわれる。その後、堂宇が大破し、1692年(元禄5年)に再建された[3]

1734年(享保19年)の「芥川宿絵図」(高槻市指定文化財・1991年〈平成3年〉5月17日指定[4])には、草葺屋根の家並みとともに、瓦屋根である当寺および本陣が描かれている[1]

1907年(明治40年)に改修されており、その後、2008年(平成20年)に本堂が修復された。

市蛭子大神宮編集

田淵家の先代が門前の西国街道に市場を立て、伝教大師がたまたま同家に泊まられたので、市場の繁栄を祈る守護神を切望。大師は一夜のうちに蛭子大黒の立像を彫刻されて与えた。喜び自邸の傍らに宮を建てて市蛭子として崇めると、霊験著しく市場は大いに繁昌した。その後、衰退し、田淵了専が教宗寺の守護神として崇めていると、ご神体が盗まれ、蛭子は数日後に戻るものの大黒天は戻らなかった。神勅により石を納めて石大黒としていると、その石は分身して貞享(1684-1687年)の頃には2個、享保(1716-1735年)の頃には5個となり、ついには7個となった。これにより安産の宮と呼ばれるようになったという[5]

文化財編集

1.8×1.1m、深さ35cm花崗岩製。槽底中央に直径6cmの穴があることから石風呂とされる[6]

交通アクセス編集

出典編集

  1. ^ a b c 『西国街道歴史散歩』下村治男編、関西歴史散歩の会、2005年、185-186頁。
  2. ^ 教宗寺〈きょうそうじ〉”. 高槻観光情報. 高槻市 (2012年). 2015年8月26日閲覧。
  3. ^ 「教宗寺」高槻市教育委員会、1989年(現地案内板)
  4. ^ a b 指定文化財”. インターネット歴史館. 高槻市 (2012年). 2015年7月1日閲覧。
  5. ^ 井上正雄 「大阪府全志」 (1922)全国書誌番号:73012615
  6. ^ 「石槽」教宗寺・高槻市教育委員会、1984年(現地案内板)