メインメニューを開く

敦粛皇貴妃(とんしゅくこうきひ、1690年代? - 1725年12月27日)は、雍正帝の側妃。姓は年氏漢軍旗人の撫遠大将軍・年羹堯の妹。年羹堯は、皇位継承争いで雍正帝の擁立に大いに貢献した。

目次

生涯編集

康煕50年(1711年)頃、雍親王の胤禛(のちの雍正帝)に嫁ぎ、側福晋(側室)となった。康煕54年(1715年)に雍親王の第4女を出産、その後康煕59年(1720年)に第7子・福宜、康煕60年(1721年)に第8子・福恵、雍正元年(1723年)に第9子・福沛を立て続けに出産したが、いずれも夭折した。

雍正帝の即位後、雍正元年(1723年)に貴妃に冊立された。雍正3年11月15日(1725年12月19日)、皇貴妃に進封されたが、同年11月23日(1725年12月27日)に病没した(年羹堯の失脚も同月であった)。敦粛とされ、棺は田村殯宮に安置され、乾隆年間に泰陵の妃園寝に陪葬された。

逸話編集

  • 『清宮詞』によると、皇貴妃となった年氏は謹慎であり、手紙は必ず雍正帝の検閲を受けた[1]。雍正帝はそれに満足した。

子女編集

  • 皇四女 (1715年 - 1717年)
  • 福宜 (1720年 - 1721年)
  • 福恵 (1721年 - 1728年)
  • 福沛 (1723年生没)

脚注編集

  1. ^ 『清宮詞』:「六宮総摂被玄纁、天后鑾儀一半分。敦粛独全終始礼、家書不發大将軍。」清宮制、后以下皇貴妃最尊、可総摂六宮事、即副后也。憲宗敦粛皇貴妃、年遐齢女、大将軍羹堯妹。最謹慎。偶有家書、必先呈御覽、故得全始終礼。

登場作品編集

関連項目編集