敦道親王

冷泉天皇の皇子

敦道親王(あつみちしんのう、天元4年(981年) - 寛弘4年10月2日1007年11月14日))は、平安時代中期の皇族歌人冷泉天皇の第四皇子。母は藤原兼家の娘・超子三条天皇の同母弟。官位三品大宰帥

敦道親王
続柄 冷泉天皇第四皇子

全名 敦道(あつみち)
身位 三品・親王
敬称 殿下
出生 天元4年(981年
死去 寛弘4年10月2日1007年11月14日)(享年27)
配偶者 藤原道隆三女
  藤原済時
  和泉式部
子女 永覚
父親 冷泉天皇
母親 藤原超子
役職 大宰帥
テンプレートを表示

概要編集

外祖父の兼家に、兄である三条天皇に次いで寵愛された。正暦4年(993年)に元服し、のちに帥宮(そちのみや)と称された。最初の妃は関白藤原道隆の三女であったが、道隆の死後に離婚した。

兄・為尊親王の死から1年後の長保5年(1003年)、彼の生前の交際相手である和泉式部と恋愛関係となり、同年12月18日より和泉式部を召人として邸に住まわせたことから、正妃である藤原済時の娘の怒りを買い、のちに離婚する。寛弘3年(1006年)ごろ、和泉式部との間に男子(岩蔵の宮:後に出家して永覚と名乗る)を儲けるも、間もなく為尊親王同様に若くして薨去した。

勅撰歌人として、『新古今和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に4首が採録されている[1]

脚注編集

  1. ^ 『勅撰作者部類』

外部リンク編集

関連項目編集