文理台公園(ぶんりだいこうえん)は、東京都西東京市東町にある面積1.667ヘクタールの都市公園

文理台公園
文理台公園の位置(東京都区部および多摩地域内)
文理台公園
分類 都市公園
所在地
東京都西東京市東町1丁目4番地
座標 北緯35度44分38.3秒 東経139度33分43.0秒 / 北緯35.743972度 東経139.561944度 / 35.743972; 139.561944座標: 北緯35度44分38.3秒 東経139度33分43.0秒 / 北緯35.743972度 東経139.561944度 / 35.743972; 139.561944
面積 16,671.21 m2
前身 東京文理科大学グラウンド
開園 1984年昭和59年)4月1日
運営者 西東京市
設備・遊具 ブランコ、1回転すべり台、ジャングルジム、鉄棒、砂場、ロッキンパッピー
事務所 西東京市みどり公園課
公式サイト 文理台公園
テンプレートを表示

東京文理科大学(もと東京高等師範学校東京教育大学、現・筑波大学)の運動場であったことから文理大の大と台をもじって文理台公園と名付られた。文理大学理科(現・筑波大学生物資源学類・生物資源科学関連専攻)の農場があったが、一部は現在も筑波大学附属小学校の保谷田園教場として残っている。

東京府北多摩郡保谷町や下保谷字北新田一体は有力地主で1915年(大正4年)の武蔵野鉄道(現西武池袋線)創設に関わった高橋家のものであったが関東大震災(1923年)以前から武蔵野鉄道と共同で自分の地所を借地や借家として開発、沿線の開発と発展のため、高橋家が東町に安い借地料で学識者や文化人を誘致していた。

震災後には資生堂の社長の福原信三の私設秘書であった安成三郎が、社員の勧めでこの地に転居していた。福原が社員の健康のために運動場を探していたので、安成が尽力、この地に社員のための野球場を造ったのが成り立ち。

1937年(昭和12年)、野球場は東京文理科大学・東京師範学校の陸上競技のできる運動場と、付属農場になる。

付属農場は1872年(明治5年)に神田昌平黌跡地に設立された師範学校が後に高等師範学校改称され、1898年(明治31年)高等師範学校に農学専修科とともに附属農場が設置されたもの。1902年(明治35年)に高等師範学校は東京高等師範学校に改称。同年農業教員養成所が東京帝国大学農科大学の附属となると翌1903年(明治36年)、東京高等師範学校が東京市小石川区大塚窪町に移転。附属農場は同区護国寺裏に移転。1929年(昭和4年)の東京文理科大学発足時、東京高等師範学校をこれに附置、附属農場は東京文理科大学附属農場と改称。1937年(昭和12年)、東京文理科大学附属農場は上記に移転する。

1984年(昭和59年)、国と東京都・旧保谷市の3分割で買い上げて文理台公園が開設される。 公園部分は、北側に遊戯広場と下水処理施設、南側に池とソメイヨシノの森林帯になっている。西側にはシダレザクラの並木で、毎年春には多くの人が楽しむことができる。

参考文献編集

  • 森雅雄「学会付属博物館のこと」『民族學研究』第55巻第1号、1990年、 98-104頁、 doi:10.14890/minkennewseries.55.1_98
  • 丸山泰明『渋沢敬三と今和次郎』青弓社、2013年12月3日。ISBN 978-4-7872-2053-0
  • 横浜歴史博物館、神奈川大学日本常民文化研究所『屋根裏の博物館 : 実業家渋沢敬三が育てた民の学問』横浜歴史博物館、2012年10月。NCID BA60413771
  • 『保谷市史』保谷市史編さん委員会(編)、保谷市史編さん委員会、1989年1月。NCID BN06255258

外部リンク編集