メインメニューを開く
本来の表記は「文繡」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
文繍
文繍

文繡(ぶんしゅう、1909年12月20日 - 1953年9月17日)は、朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀側室(第2夫人)である。位階は淑妃。

生涯編集

モンゴル人でエルデト(Erdet、額爾徳特)氏の出身。端恭の娘。

1921年民国10年)、敬懿皇貴妃により皇后候補に推されたものの、生家は没落しており、端康皇貴妃に否決された。翌年、溥儀の淑妃(側室)となった。1924年、溥儀・皇后婉容とともに紫禁城を離れて天津の張園に移った。

1931年、溥儀との離婚を裁判所に申請して認可され、溥儀が慰謝料5万5千を支払うことで離婚が成立した。この時の離婚の条件は、文繍が生涯結婚をしないというものであった。 離婚後、旧清朝時代の廷臣(朝廷に仕える臣下)の要求によって、溥儀は文繡の位を剥奪、平民とした。

その後は私立女学校の教師となるが、退職後は次第に貧しい生活をするようになり、1953年9月17日、北京で飢死に近い状態で死去した。 2004年、清朝皇室の子孫が溥儀および2人の正妻と2人の側室に諡号を追贈した。しかし文繡には、既に離婚によって庶民に降格されていたという理由から諡号は贈られなかった。

関連項目編集