メインメニューを開く

婦負郡

富山県(越中国)にあった郡
富山県婦負郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された地域 水色:後に他郡から編入した地域)

婦負郡(ねいぐん、めひのこおり)は富山県越中国)にあった

郡域編集

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、おおむね以下の区域に相当する。

  • 富山市(草島・金山新・金山新中・金山新東・金山新西・金山新南・金山新北・羽根・高田・中老田・東老田および八尾町西神通の一部を除く神通川以西、富山市街の一部)
  • 射水市(土代・山本・小杉北野・山本新・椎土・海老江練合・本江針山新)

上記の例外となっている区域のうち、富山市街の一部以外は後に当郡の所属となっている。また、富山市の一部(大字須原・葛原・長川原・小羽・下伏・土・根上)は後に上新川郡に所属した。

歴史編集

歴史はかなり古く、弥生時代遺跡古墳時代中期の四隅突出型墳丘墓が発掘されている。婦負は、もと売比(めひ)と書いた。地名の由来について、姉倉比賣神社(延喜式内社)に由来するという説や、鵜坂神社(延喜式内社)の祭神である鵜坂姉比咩神(うさかねひめのかみ)・鵜坂妻比咩神(うさかめひめのかみ)に由来するとする説、杉原神社(延喜式内社)のある杉原野開拓伝承に、沼に落ちた女神を男神が背負って助けた(婦を負う)という史話がある。 万葉集には、婦負郡の当時の状況を描いた、複数の歌が収録されている。

「婦負川の 早き瀬ごとに 篝さし 八十伴の男は 鵜川 立ちけり」(巻17 4023)

「杉の野に さ躍る雉 いち白く 音にしも泣かむ 隠り妻かも」(巻19 4148)

新川郡との境界は必ずしも明確ではなく、嘗ては常願寺川が谷口から西北へ流れ、現在の鼬川から赤江川辺りの流路をとり、神通川に合していたと考えられることから、その旧河を郡境としたとされる。近世以降に、神通川以西の地域におおまかな郡域が定まったと考えられている。

かつては越中国神通川左岸一帯を占めていた郡であった。江戸時代は全域が富山藩となった。加賀藩から分離した富山藩はその設立当初は富山城および現在の富山市内を領地に含んでおらず、婦負郡百塚に新城を築いて本拠とする予定であり、初代藩主の前田利次は土地名と官位から「百塚侍従」と呼ばれていた。しかし、築城は財政難により断念され、領地交換を行って加賀藩から富山城を譲ってもらうことで、これを藩庁とした。

明治11年に郡制施行。当初は富山市愛宕町に郡役所が置かれた。この際、上新川郡とは共同の管轄であった。 郡役所は同年中に同市藤井町に移転し、のちに大正4年、東呉羽村五福(現在の富山市五福)に移転した。1960年代に平野部海側の呉羽町・和合町が富山市に編入され、以降、2005年に廃止されるまで、婦負郡は富山県南部の山間部を中心とする郡となった。

近代以降の沿革編集

  • 1896年(明治29年)6月1日 - 郡制を施行。
  • 1920年大正9年)4月1日 - 桜谷村が富山市に編入。(2町30村)
  • 1923年(大正12年)3月31日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1926年(大正15年)
    • 6月30日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
    • 7月1日 - 東呉羽村が富山市に編入。(2町29村)
  • 1940年昭和15年)
    • 5月1日 - 西呉羽村・古沢村が合併して呉羽村が発足。(2町28村)
    • 9月1日 - 神明村が富山市に編入。(2町27村)
  • 1941年(昭和16年)2月11日 - 八幡村・草島村・百塚村が合併し、改めて八幡村(はちまんむら)が発足。(2町25村)
  • 1942年(昭和17年)
  • 1953年(昭和28年)12月1日(3町17村)
    • 八尾町・保内村・杉原村・卯花村・室牧村・黒瀬谷村の一部(大字小長谷・小長谷新・村杉・樫尾・岩屋・宮腰・上谷・外面谷・北谷・東坂下)が合併し、改めて八尾町が発足。
    • 黒瀬谷村の残部(大字須原・葛原・長川原・小羽・下伏・土・根上)が上新川郡大沢野町に編入。
  • 1954年(昭和29年)
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 婦中町・宮川村・熊野村・朝日村が合併し、改めて婦中町が発足。(4町9村)
  • 1957年(昭和32年)11月1日 - 八尾町・野積村・仁歩村・大長谷村が合併し、改めて八尾町が発足。(4町6村)
  • 1959年(昭和34年)
    • 1月1日 - 古里村・音川村・神保村が婦中町に編入。(4町3村)
    • 4月1日(4町2村)
      • 池多村の一部(大字西押川・北押川・開発・平岡・三熊・坂下新および山本・北野・山本新・椎土の各一部)が呉羽町に編入。
      • 池多村の残部(大字土代および山本・北野・山本新・椎土の各一部)が射水郡小杉町に編入。
  • 1960年(昭和35年)10月1日 - 和合町が富山市に編入。(3町2村)
  • 1965年(昭和40年)4月1日 - 呉羽町が富山市に編入。(2町2村)
  • 2005年平成17年)4月1日 - 八尾町・婦中町・山田村・細入村が富山市・上新川郡大沢野町・大山町と合併し、改めて富山市が発足。同日婦負郡消滅。

変遷表編集

式内社編集

延喜式神名帳には7座7社が記載されており、すべて小社である。

  • 姉倉比賣神社(論社2社。富山市船倉、富山市呉羽町小竹)
  • 速星神社(論社2社。富山市婦中町速星 速星神社、富山市呉羽町 速星神社)
  • 白鳥神社(論社3社。富山市寺町 白鳥神社、富山市八尾町三田 白鳥神社、富山市婦中町友坂 熊野神社)
  • 多久比禮志神社(論社4社。富山市塩 多久比禮志神社、富山市呉羽町小竹 姉倉比賣神社、富山市五福 呉服神社、富山市黒瀬 日宮神社)
  • 熊野神社(論社4社。富山市宮保 熊野神社、富山市婦中町友坂 熊野神社、富山市婦中町中名 熊野神社、富山市婦中町熊野道 熊野神社)
  • 杉原神社(論社3社。富山市八尾町黒田 杉原神社、富山市婦中町田屋清水田 杉原神社、富山市婦中町浜子 杉原神社)
  • 鵜坂神社(富山市婦中町鵜坂)

式外社編集

日本三代実録には以下の3社が記載されている。

  • 鵜坂姉比咩神社
  • 鵜坂妻比咩神社
  • 杉田神社

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 富山藤井町、富山船頭町、富山手伝町、富山舟橋今町、富山愛宕町、富山舟橋新町、富山御福新町、富山古手伝町。
  2. ^ 本村のみ旧・加賀藩領。

関連項目編集