斎藤月岑日記』(さいとうげっしんにっき)は、江戸時代後期から末期の町名主で、『江戸名所図会』(ちくま学芸文庫ほか)などを編纂・刊行した斎藤月岑が記した日記文政13年(1830年)から明治8年(1875年)の45年間にわたって書き継がれた。東京大学史料編纂所蔵。

岩波書店で『大日本古記録 斎藤月岑日記』として1997年3月から出版開始、2016年3月に最終第10巻が刊行された。

また書誌学者の森銑三が最晩年に、『斎藤月岑日記鈔』(汲古書院 1983年)を刊行している。

江戸の様々な風俗などを記す貴重な史料で、江戸市中の事を詳細に記した藤岡屋由蔵の『藤岡屋日記』と双璧をなす記録と言われている。