斎藤 道雄(さいとう みちお、1947年2月20日 - )は、元TBSテレビ報道局編集主幹、解説・専門記者室長。現在は明晴学園の校長。山梨県出身。

TBSに入社した後、社会部記者、ワシントン支局長、『筑紫哲也 NEWS23』プロデューサー等を歴任して2007年にTBSを定年退職。現在、日本民間放送連盟報道問題研究部会幹事を務める。

ろう教育について報道し[1][2]、フリースクールの龍の子学園の学校法人設立発起人会の代表を務める。

経歴編集

出演番組編集

いずれもコメンテーターとして出演し、名前のテロップは「斉藤道雄」となっていた。

著書編集

  • 『原爆神話の50年: すれ違う日本とアメリカ』中央公論社(1995年)ISBN 4121012712
  • 『もうひとつの手話 ろう者の豊かな世界』晶文社(1999年)ISBN 4794963955
  • 『悩む力〜べてるの家の人々』みすず書房(2002年)ISBN 4622039710
  • 『希望のがん治療』集英社新書(2004年)ISBN 4087202615
  • 『治りませんように-べてるの家のいま』みすず書房(2010年)ISBN 4622075261
  • 『きみはきみだ』子どもの未来社 2010年(教室の絵本シリーズ)
  • 『手話を生きる : 少数言語が多数派日本語と出会うところで』みすず書房 2016年
  • 『治したくない――ひがし町診療所の日々』みすず書房、 2020年

脚注・出典編集