メインメニューを開く

斉藤 隆三(さいとう りゅうぞう、1875年明治8年)4月6日 - 1961年昭和36年)4月7日)は、千葉県相馬郡守谷町(現:茨城県守谷市)出身の史学者文学博士

目次

概要編集

明治期より昭和期にかけて風俗史、郷土史、美術史等の執筆を行っていた文学博士である。 1875年(明治8年)に千葉県相馬郡守谷町(現:茨城県守谷市)に出生。斉藤家は江戸時代下総国関宿藩領のうち10ヶ村の惣名主を務めた家[1]で、先祖に小林一茶に学んだ俳人斉藤徳左衛門(俳号「若雨」)、長兄に元衆議院議員斉藤斐がいる。 東京帝国大学在学中に郷土である守谷の歴史をまとめた「守谷志」を刊行し、1902年(明治35年)の東京帝国大学卒業以後50年以上に渡り、美術史や国内の世相史を中心に執筆を行った。他には郷里守谷の郷土史執筆や文化財の保護に尽力し、前述の守谷志をはじめ、1928年(昭和3年)ごろには「守谷歴史絵葉書」を作成し、守谷の文化財の保護をPRしている[2]。また、日本美術院の再興や発展、運営にも深く関わっていた[3]

著書編集

  • 『守谷志』守谷町(1900年)
  • 『元禄世相志』博文館(1905年)
  • 『三井家呉服事業史稿本』(1908年-1916年)
  • 『近世世相志』博文館(1909年)
  • 『新美術史』春陽堂(1917年)
  • 中尊寺大観』精華社(1918年)
  • 『画題辞典』新古画粋社(1919年)国書刊行会 1977
  • 『三越沿革史稿本』(1920年-1922年)
  • 『美術行脚古社寺めぐり』博文館(1921年)
  • 『近世日本世相志[増補改版]』博文館(1925年)
  • 『古社寺をたづねて 趣味の旅』博文館 1926
  • 『江戸時代前半期の世相と衣裳風俗』大塚巧芸社(1933年)
  • 『江戸時代の風俗』[歴史講座](1934年)
  • 『近世時様風俗』三省堂(1935年)
  • 『江戸のすがた』雄山閣(1936年)
  • 『近世の飲食』[食物講座](1937年)
  • 『赤穂義士の考察』[精神講座](1937年)
  • JAPANESE COIFFURE 国際観光局(1939年)
  • 『近世世相史外観』創元社[創元叢書](1940年)
  • 『大痴芋銭』創元社(1941年)
  • 『日本美術院史』創元社(1944年)中央公論美術出版 1974
  • 『芸苑今昔』創元社 1948
  • 『美術界今昔』(1948年)
  • 『改訂増補守谷志』(1948年)
  • 『史郷守谷』(1955年)
  • 横山大観』中央公論美術出版 1958
  • 岡倉天心吉川弘文館 人物叢書 1960
  • 『藝苑雑草』
  • 『自叙伝』(1961年、非売品)
共著
  • 『中尊寺総鑑』柴田常恵共編 大塚巧芸社 1925

参考文献編集

  • 史郷守谷(茨城県守谷町)
  • 守谷わがふるさと 写真でつづる一世紀(守谷町)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 守谷町史(守谷町)
  2. ^ 守谷わがふるさと 写真でつづる一世紀(守谷町)
  3. ^ 言い伝え”. 守谷市役所. 2010年2月22日閲覧。