メインメニューを開く
 
斎部文山
時代 平安時代前期
生誕 弘仁13年(822年
死没 貞観9年4月4日867年5月11日
官位 従五位下
主君 文徳天皇清和天皇
氏族 斎部宿禰
父母 父:斎部伴主
季長
テンプレートを表示

斎部 文山(いんべ の ふみやま)は、平安時代前期の貴族・工人。宿禰神祇大副・斎部伴主の子とする系図がある。位階従五位下

経歴編集

右京出身。身分の低い出自であったが、工芸の技術に優れていることで名が知られていた[1]

造東大寺所に属した。斉衡2年(855年)地震により東大寺大仏仏頭が地面に落下した際、修理できる工人はいなかったが、文山は轆轤と長い梯子を利用して仏頭を引き上げて大仏の首に繋いで、まるで新しく作り直したかのように修理したという[1]。文山によって考案された轆轤と梯子を利用した仏頭を引き上げるための機械は『日本三代実録』に「雲梯之機」と記され[1]日本最古のクレーンともされる[要出典]

貞観3年(861年朝廷大法会を開催して大仏の修理落成供養を行った際、大仏修理の功労により従八位下から従五位下に昇叙された[2]

貞観9年(867年)4月4日卒去。享年46。最終官位は散位従五位下。

系譜編集

  • 父:斎部伴主[3]
  • 母:不詳
  • 妻:不詳
    • 男子:斎部季長[3]

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本三代実録』貞観9年4月4日条
  2. ^ 『日本三代実録』貞観3年3月12日条
  3. ^ a b 「織田右大臣信長公ノ系統及履歴」中田憲信『好古類纂』第七集所収

参考文献編集