断水(だんすい)とは、何らかの原因での配給が止まること。主に上水道の送水が停止することで送水停止地域に影響を与える。

災害救助用の給水車

断水の原因編集

上水道システムは水源の水を取水堰や取水塔で取水し、そこから導水管で浄水場に送り、浄水場から送水管で配水池、配水池から配水管、さらに細かい給水管を経て家庭等にたどり着くが、給排水管等が被災して水の供給が停止すると住民の生活・活動に甚大な影響を及ぼす[1]

断水の原因としては、以下のようなものが挙げられる。

  1. 災害等による物
    1. 地震による水道管の断裂
    2. 老朽化による水道管の破裂
    3. 凍結による水道管の破裂
    4. 河川の決壊等による水道管の破裂
    5. 停電による送水の停止。停電の項を参照
  2. 人為的に停められるもの(停水)
    1. 点検工事による一時停止
    2. 代金未払い

この他にも少雨枯渇による水の不足から停止される場合もあり、または異常気象によるものや、水質異常(取水場上流での汚染物質の流入など)によっても緊急的に取水制限される場合がある。1992年には広島県で取水口近辺からシアン化合物が検出され、緊急取水停止で13時間ほど断水している[2]。この際には広島市民に混乱を生じ、商店のミネラルウォーターが軒並み売り切れるという現象も起きた。

断水の影響編集

水の使用形態は大きく都市用水と農業用水に分けられ、都市用水は生活用水と工業用水に分けられる[1]。断水の影響は水を使用する活動範囲すべてに及び、飲料水やトイレ等の生活用水の不足、医療活動や消火活動への影響などがある[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 秋葉道宏「上下水道システムに対する地震リスクとその対策」、国立保健医療科学院、2021年10月8日閲覧。
  2. ^ 『シアンによる太田川水質汚染事故』広島市水道局・水道事業の紹介(事業別)

関連項目編集

外部リンク編集