メインメニューを開く

新世紀ベビー(しんせいきベビー)は21世紀最初の年である2001年生まれの赤ちゃん、またその年に生まれた人々のことを指す場合もある。新世紀ベイビーとも。ミレニアムベビーに対する言葉である。

目次

概要編集

新世紀ベビーとその周辺の出生率
1999 2000 2001 2002 2003
出生数 1,177,669 1,190,547 1,170,662 1,153,855 1,123,610
出生率 9.4 9.5 9.3 9.2 8.9
合計特殊出生率 1.34 1.36 1.33 1.32 1.29

日本の2001年(平成13年)における出生数は1,170,662で、前年の1,190,547人より減少しており[1]ミレニアムベビーのように増加はしなかった。2000年ミレニアムベビーブームにより出生数が多かった韓国でも減少している[2]皇族では2001年12月1日愛子内親王が生まれ、日本における皇太子(現・今上天皇)の第1子であることから誕生から注目を集めた。

厚生労働省は2001年1月10日から1月17日および、同年7月10日から7月17日までに生まれた子供を対象に、生活状況や親の就業時間などを追跡調査する「21世紀出生児縦断調査」を継続して行なっている[3]。調査により21世紀初頭に生まれた子供の生活や環境の実態を明らかにし、成長・変化を長期に渡り追うことで、少子化対策などの基礎資料として活用していくことを目的としている。なお、成年者の意識の変化や結婚出産、就業などの実態を追跡調査する「21世紀成年者縦断調査」も並行して行われている[4]

日本における新世紀ベビーの節目・学年編集

2001年1月1日4月1日生まれの場合、2000年4月2日12月31日生まれのミレニアムベビー同学年となる。

新世紀ベビー一覧編集

フィクション作品編集

新世紀エヴァンゲリオン
同作の登場人物のうち、碇シンジ惣流・アスカ・ラングレー、鈴原トウジ、相田ケンスケらは西暦2001年生まれの新世紀ベビーである。一方、渚カヲルセカンドインパクトの時に誕生したため、前年の西暦2000年生まれとなっている。なお、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』については劇中の年代等が明らかになっていないため、登場人物の生年は不明である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 人口動態総覧の年次推移 厚生労働省人口動態・保健統計課
  2. ^ 出生児数は急減、性比不均衡は緩和 朝鮮日報
  3. ^ 21世紀出生児縦断調査(厚生労働省)
  4. ^ 21世紀成年者縦断調査(厚生労働省、2002年10月末時点で20歳から34歳の成年者およびその配偶者が対象)

関連項目編集

外部リンク編集