メインメニューを開く

新井 孝重(あらい たかしげ、1950年1月1日[1]- )は、日本史学者、獨協大学教授。

埼玉県入間郡日高町(現:日高市)生まれ。1973年早稲田大学第一文学部日本史学科卒業。83年同大学院博士課程満期退学。2001年「東大寺黒田荘の研究」で文学博士獨協中学校・高等学校教諭、獨協大学経済学部助教授、教授(日本社会史)[2]

著書編集

論文編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『日本中世合戦史の研究』著者紹介