新宿ピット・イン

新宿ピット・イン(しんじゅくピット・イン)は、日本ジャズ・クラブ

新宿ピット・イン
新宿PIT INN
Shinjuku Accord Bldg (02) IMG 9722 R 20150126.JPG
情報
開館 1965年12月24日
客席数 100
用途 コンサート
所在地 160-0022
東京都新宿区新宿2-12-4アコード新宿ビルB1
外部リンク www.pit-inn.com
テンプレートを表示

1965年12月24日、自動車アクセサリーを販売する喫茶店としてオープン[1]。その後、フロアにステージを作り、演奏機会に恵まれていなかったジャズ音楽家に場所を提供する[2]渡辺貞夫エルヴィン・ジョーンズが活動の拠点にした[1]。「昼の部」と「夜の部」の2部制をとっており、「昼の部」は若手演奏家の登竜門と位置づけられている[3]

1969年11月21日には、副島輝人富樫雅彦高柳昌行高木元輝沖至らが関わり、当時ピットインが入ってた建物の2階にあった中華料理店跡の倉庫を改装し、姉妹店ニュージャズホールが開業して、おもにフリー・ジャズの演奏がおこなわれた[4][5]。また、これとは別に、当初は「ピットイン・ティールーム」、後に「サムライ」と改称した店舗もあり、一時は3店舗が展開されていた[6]

1992年に移転した[3]

脚注編集

外部リンク編集