沖 至(おき いたる、1941年9月10日 - 2020年8月25日)は、日本のジャズ・トランペット奏者である。

沖 至
おき いたる
Itaru.jpg
基本情報
生誕 (1941-09-10) 1941年9月10日(79歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市須磨区
死没 (2020-08-25) 2020年8月25日(78歳没)
学歴 大阪工業大学卒業[1]
ジャンル フリー・ジャズ
職業 ジャズ・トランペット奏者
担当楽器 ジャズ・トランペットドイツ語版

人物編集

1941年9月10日、兵庫県神戸市須磨区に生まれる。尺八の奏者の父、の師範の母という豊かな音楽環境のもとに育つ。高校のブラスバンドトランペットを始める。その頃近所に南里文雄の実兄が住んでいたことから、南里文雄から「至ちゃん」と呼ばれ直々に手ほどきを受ける。関西でディキシーランドスタイルのバンドで演奏した後、ビバップスタイルのバンドで演奏する。

1960年代初頭、活動の場を東京に移す。第二次世界大戦後より駐留する在日米軍キャンプなどで演奏をした。バークリー音楽院留学から帰国した渡辺貞夫のジャズ音楽教室「ヤマハジャズインスティテュート」にてジャズ理論を学ぶ。また当時の大スター神戸一郎バックバンドで離島ツァーなど行う。その後、宮本信介田村翼峰厚介リッキーと960ポンド菅野光亮(作曲家)、西村昭夫ESSG佐藤允彦富樫雅彦山下洋輔渋谷毅白石かずこ(詩人) 、吉増剛造高木元輝ジョー水木片山弘明井野信義大友良英翠川敬基山崎比呂志吉沢元治豊住芳三郎田中ほずみ、他と共演。1966年、佐藤允彦、高木元輝、富樫雅彦とともに、ESSGを結成し1969年にESSGで初めてのヨーロッパツアーを行う。1972年 羽仁進監督の映画『午前中の時間割り』に出演。(逸話1)

パリに移住編集

1974年、活動拠点をフランスパリに移す[1]。その時『朝日新聞』〈天声人語〉で「沖至のパリ移住は、一つの頭脳流出である」と書かれる。渡仏後、アート・ファーマーメイナード・ファーガソンノア・ハワード英語版リー・コニッツ英語版スティーブ・レイシーアラン・シルバ英語版フランス語版ドイツ語版サニー・マレイ英語版等とヨーロッパミヒェル・ピルツドイツ語版英語版サム・リバーズ、他などとヨーロッパ各地で演奏する。パリではアラン・シルバがアートデレクターであった Institut Art Culture Perception (IACP) と言うJazz学校でビバップの理論や、アンサンブル、ワークショップなどの指導をする。その学校は基本モード手法からアヴァンギャルド系のジャズ学校でリディアン・クロマティック・コンセプトの大家ジョージ・ラッセル英語版も時折訪れて指導をしていた。

1970年代から現在まで、舞踏家との共演の機会も多く、大野一雄石井満隆玉野黄市室伏 鴻カルロッタ池田笠井叡吉本大輔ヨシト遠藤公義、ヨーロッパで活躍の財津暁平、などと共演する。

またパリではビージーズの録音に参加した事があるらしい。(逸話2)

1990年代中旬より毎年初に帰国し、日本ツァーを行っている。渋谷毅さがゆき菊池マリ(パフォーマンス)、ジョー水木小山彰太梅津和時川下直広不破大輔加藤崇之波多江崇行スガダイローらと演奏する。

現在[いつから?]Francois Tusqes group~(F.Tusquea,,(piano )I.Oki(Tp ),Claude Pare (Acodeon),Isabel Juanpera..Lan Quartet" ~Itaru Oki (tp), Fredric Mantenant(p) ,Fred Marty(b) ,Aldrige Hansbery(d) を定期的なグループとして活動しておりヨーロッパ各地、USA、日本と各地を行き来して現在も多忙な毎日を送っている。

2020年8月25日、パリの病院で死去[2]

参加ジャズフェスティバル編集

等に出演。

トランペットの収集と製作編集

トランペットの収集家であり、ベルが二つあるトランペットなどの製作家としても有名である。2010年1月 N・Y、トランペットサミット「FORWARD FLIGHT」2011年1月フランス、トゥールで行なわれたアートフェスティバルなどでは演奏の他に沖至トランペットコレクションの展示会を開く。2012年10月コロンボ市にて3か月間に及ぶコンセルバトワールでも展示会が開催された。

評価編集

  • 2013年3月いわき市のライブハウスTHE QUEENで行われた日野皓正のライブにおいて、日野がステージで「この歳になってもずっと沖至と共にフリー・ジャズに挑戦し続けてきた」とポツリと語った。1970年代、『スイングジャーナル』の読者人気投票トランペット部門で1位を争っていた[3]
  • 「聴く者にこれほどの幻想を持たせてくれる沖至こそ、更なる幻視者なのだろう」「沖至は裏側の世界の所在を顕現させる現代の魔術師である」(副島輝人)
  • 「沖さんはときどき七変化を、すすきの原で笛ふきながら、孤りで影踊りしてみせてくれる」(白石かずこ)
  • 1970年代、「演奏に蝶を飛ばす」と評されたミュージシャンがいる。

逸話編集

逸話1、これに関しては当初荒木一郎さんが役者で、沖至が音楽担当だったのだけれど、荒木氏が事件を起こして、女優さんたちが荒木氏と共演したくないと言ったので、荒木さんが音楽担当になって沖氏が役者になったという話である。

逸話2、ある日 1975? ビージーズ" と書いた人から電報(未だ当時は電報だった)を受け取り 何時にココのシャートウ(お城)入りしてください! そのシャトウは知る人ぞ知るパリから100kmぐらいの距離にありますゴメン 名前忘れた❗️有名スタジオなのです. 往復タクシーでしか行かれない場所です. さて そこにタクシーを飛ばして行くとすげえお城の中のスタジオ. 白人仏Tsax Richard Roux,黒人仏 Tb Adlph Winker, Oki との3 菅 でのアフレコだったんだけど,一曲を何度も何度も,,, ビージーズの連中は3階のバルコンで聞いていていちゃもんをつける訳.. セクションプレイだけど音のニュアンスに綿密でアフリカ系奏者のアドルフが入ってたしビージーズにとっては微妙な音の感受性のちがいがあったかも,,今思うとね,,(沖談)

ディスコグラフィ編集

殺人教室 1970年 沖至:tp, fluh, cowbell, triangle, bells, indian bells,woodblock,etc 翠川敬基:bs, paino,gong 田中保積:ds, gongs, timpani


しらさぎ 1974年 Baritone Saxophone – 宇梶昌二 Bass – 徳広崇 Percussion – 中村達也


沖至/幻想ノート 1976年発売 沖至(trumpet)、藤川義明(alto sax)、翠川敬基(cello, bass, piano)、田中保積(drums, percussion)、吉増剛造(poetry reading on 5). 録音:1975年9月11日/NET ASAHI No.501 Studio


1980年発売 Itaru Oki - Michel Pilz - Ralf R. Hübner* – One Year - Afternoon & Evening


Mirage 1977年発売 沖 至 (tp)、加古 隆 (p)、翠川敬基 (b)、富樫雅彦 (perc)


Opera night 1986年発売 Bass – Jean-Jacques Avenel Drums – Oliver Johnson Flugelhorn – Itaru Oki Piano – Alain Jean-Marie Trumpet – Itaru Oki


1991年発売 Tchangodei / Itaru Oki / Kent Carter – Jeux D'Ombres Double Bass – Kent Carter Painting – Tchangodei Piano – Tchangodei Trumpet – Itaru Oki


1993年発売 Tchangodei / Itaru Oki / Kent Carter – Perfect Emptiness Double Bass – Kent Carter Flute – Itaru Oki Piano – Tchangodei Trumpet – Itaru Oki


2001年発売 Itaru Oki – Paris · Ohraï Bass Clarinet – Michel Pilz Double Bass, Piano – Alan Silva Drums – Sunny Murray Trumpet – Itaru Oki


2002年発売 Itaru Oki – Anthologie Paris-Lyon Trumpet, Producer, Liner Notes – Itaru Oki


2003年発売 Itaru Oki / Kazuko Shiraishi / Keiki Midorikawa – ヒト科の熊 (A Bear Of The Human Family) Cello – Keiki Midorikawa Double Bass – Hiroshi Funato Liner Notes – Fumio Sato, Keiki Midorikawa Read By – Kazuko Shiraishi Recorded By – Hiroshi Ogawa (3), Kimiya Nakahira Trumpet – Hutch Hamamoto, Itaru Oki


2003年発売 Itaru Oki / Keisuke Ohta / Jean-François Pauvros / Yasuhiko Tachibana / Makoto Sato – Jan-Ken-Pon Bass – Yasuhiko Tachibana Drums – Makoto Sato Guitar – Jean-François Pauvros Trumpet – Itaru Oki Violin – Keisuke Ohta Voice – Keisuke Ohta


2004年発売 沖至*, 川崎知*, 中島直樹*, Azumi (7) – 20040831 Mix Sound Acoustic Bass – 中島直樹* Acoustic Guitar, Vocals – Azumi (7) Alto Saxophone – 川崎知* Trumpet, Flute, Performer [Etc] – 沖至*


ITARU OKI 沖至 DIALOG / ダイアログ 2005 沖至 ‥‥‥‥ トランペット、ポケットトランペット、ビニールチューブ、竹笛、その他小物 加藤崇之 ‥‥ ギター、エフェクター、灰皿、パーカッション、その他小物 永塚博之 ‥‥ ウッドベース、その他小物 高木幹晴 ‥‥ ドラム、ゴング、パーカッション、笛、その他小物


Itaru Oki – Soul Eyes 2007年 Bass – Yasuhiko Tachibana Drums – Shota Koyama Flugelhorn – Itaru Oki Instruments [Rubber Hose] – Itaru Oki Piano – Satoko Fujii Shakuhachi – Itaru Oki Tenor Saxophone – Keizo Nobori Trumpet – Itaru Oki, Natsuki Tamura Violin – Keisuke Ohta Voice – Keisuke Ohta

Itaru Oki / Takeshi Shibuya – Live At "Aketa"2007年 Double Bass – Kamimura Katsumasa Drums – Akira Sotoyama Flugelhorn – Itaru Oki Guitar – Akihiro Ishiwatari Piano – Takeshi Shibuya Shakuhachi – Itaru Oki Trumpet – Itaru Oki

Itaru Oki & Raymond Boni – 天海 (Ten-Kai)2007年 Guitar – Raymond Boni Trumpet – Itaru Oki

Itaru Oki / Otomo Yoshihide – Encounter 2007年 Flugelhorn – Itaru Oki Guitar – Otomo Yoshihide Instruments [Rubber Hose] – Itaru Oki Shakuhachi – Itaru Oki Trumpet – Itaru Oki Turntables – Otomo Yoshihide

Itaru Oki And Benjamin Duboc – Nobusiko 2010年 Double Bass – Benjamin Duboc Trumpet, Flugelhorn, Flute, Instruments [Tubes], Percussion – Itaru Oki



European Sensoria Band Featuring Itaru Oki 2010年 Bass – Anthony Carroll* Bass Clarinet, Clarinet, Effects, Glockenspiel – Fergus Cullen Drums, Percussion – David Carroll (3) Trumpet, Trumpet [Echo], Horn [Gaz Tube], Flute [Yokobue, Tatebue] – Itaru Oki

Abdelhaï Bennani, Itaru Oki, Alan Silva, Makoto Sato – New Today, New Everyday2012年 Drums – Makoto Sato Synthesizer – Alan Silva (tracks: 2-1 to 2-3) Tenor Saxophone – Abdelhaï Bennani Trumpet, Bugle, Flute – Itaru Oki

2014年発売 Itaru Oki – Chorui Zukan Trumpet, Flugelhorn – Itaru Oki

Abdelhaï Bennani, Itaru Oki, Sabu Toyozumi – The Sundance 2 2014年発売 Drums, Percussion, Erhu – Sabu Toyozumi Tenor Saxophone – Abdelhaï Bennani Trumpet, Flugelhorn, Flute – Itaru Oki


Linda Sharrock, Itaru Oki, Mario Rechtern, Makoto Sato, Eric Zinman, Yoram Rosilio – No Is No (Don't Fuck Around With Your Women)2014年 Double Bass, Percussion – Yoram Rosilio Drums – Makoto Sato Grand Piano – Eric Zinman Lead Vocals – Linda Sharrock Reeds, Violin [Saxolin] – Mario Rechtern Trumpet, Flugelhorn, Flute – Itaru Oki


Linda Sharrock, Itaru Oki, Mario Rechtern, Eric Zinman, Makoto Sato, Yoram Rosilio – Don't Fuck Around With Your Women 2014年 Double Bass – Yoram Rosilio Drums – Makoto Sato Piano – Eric Zinman Reeds – Mario Rechtern Trumpet, Flugelhorn – Itaru Oki Voice – Linda Sharrock

2015年 Itaru Oki, Axel Dörner – Root Of Bohemian Trumpet, Flugelhorn – Itaru Oki Trumpet, Flugelhorn, Recorded By – Axel Dörner

2015年 François Tusques, Itaru Oki, Claude Parle & Isabel Juanpera – Le Chant Du Jubjub Accordion – Claude Parle Narrator, Lead Vocals – Isabel Juanpera Piano – François Tusques Trumpet, Flugelhorn, Flute – Itaru Oki

2016年 Itaru Oki, Lena Circus – Zanshin Drums – Guillaume Arbonville Electric Guitar – Nicolas Moulin Electric Guitar, Saxophone, Trumpet – Antoine Letellier Trumpet, Flugelhorn, Flute – Itaru Oki

2016年 Sylvain Guérineau, Kent Carter, Itaru Oki, Makoto Sato – D'Une Rive A L'Autre Double Bass – Kent Carter Drums, Co-producer – Makoto Sato Tenor Saxophone, Painting, Co-producer – Sylvain Guérineau Trumpet, Flugelhorn, Flute – Itaru Oki

2017年再発売 (1996年録音) Itaru Oki, Nobuyoshi Ino, Choi Sun Bae – Kami Fusen

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b アーチスト紹介 沖至”. タワーレコード. 2018年3月1日閲覧。
  2. ^ 読売新聞 2020年8月27日 30面掲載
  3. ^ THE QUEEN (2013-10-17). “超アヴァンギャルド!「伝説のトランペッター沖至fromパリ」”. THE QUEEN (Excite blog). https://barqueen.exblog.jp/19833399/. 

外部リンク編集

  • Itaru Oki - Discogs
  • "Oki, Itaru". グローブ・世界音楽大事典・オンライン (英語). オックスフォード大学出版局. doi:10.1093/gmo/9781561592630.article.J657900( 要購読契約)