メインメニューを開く
新居格

新居 格(にい いたる、1888年明治21年)3月9日 - 1951年昭和26年)11月15日)は、日本の文筆家。主に評論翻訳などで活躍した。

目次

来歴編集

徳島県生まれ。東京帝国大学政治学科卒。読売新聞東京朝日新聞の記者を経て文筆業となる。

大正から昭和にかけて評論家として活躍した。モダニズム文学や当時の風俗に造詣が深く、新感覚派の一人だと目されていた。大宅壮一によれば、モガモボという言葉を作り出したのは彼だという。

翻訳家としては、著作権侵害で訴えられたパール・バック原著の『大地』が代表作。

政治的にはアナキストだったが、戦後まもない1947年(昭和22年)4月には杉並区の初代公選区長に担ぎ出されて当選している(ただし1年後に辞任)。その後も日本ペンクラブ幹事・日本ユネスコ協会理事・生活協同組合理事として講演や座談会を精力的にこなした。

1951年(昭和26年)11月15日脳溢血により死去、63歳だった。労働運動家・農民運動家の賀川豊彦はいとこにあたる。

著書編集

  • 『左傾思潮』(文泉堂書店、1921年)
  • 『労農ロシアの芸術論』(日本フェビアン協会、1925年)
  • 『近代心の解剖』(至上社、1925年)
  • 『月夜の喫煙』創作集(解放社、1926年)
  • 『季節の登場者』(人文会出版部、1927年)
  • 『近代明色』(中央公論社、1929年)
  • 『ジプシーの明暗』(悪の華文庫、万里閣、1930年)
  • 『風に流れる』(新時代社、1930年)
  • 『アナキズム芸術論』(新芸術論システム第3巻、天人社、1930年)
  • 『街の抛物線』(新創作集、尖端社、1931年)
  • 『生活の錆』(随筆集、岡倉書房、1933年)
  • 『女性点描』(南光社、1934年)
  • 『情熱の妖花クレオパトラ』(新潮社、1936年)
  • 『生活の窓ひらく』(第一書房、1936年)
  • 『街の哲学』(青年書房、1941年)
  • 『野雀は語る』(青年書房、1941年)
  • 『男性論』編(昭和書房、1942年)
  • 『新しき倫理』(金鈴社、1942年)
  • 『心のひゞき』(道統社、1942年)
  • 『新女大学』(全国書房、1943年)
  • 『心の日曜日』(大京堂書店、1943年)
  • 『人間復興』(玄同社、1946年)
  • 『心の暦月』(川崎出版社、1947年)
  • 『市井人の哲学』(清流社、1947年)
  • 『区長日記』(学芸通信社、1955年)
  • 『新居格杉並区長日記』(遺稿、波書房、1975年)

翻訳編集

参考文献・外部リンク編集