メインメニューを開く

第一書房(だいいちしょぼう、1923年 創業 - 1944年3月31日 廃業)は、かつて存在した日本の出版社である。大正末年から戦前の昭和期に長谷川巳之吉が創業し、書物の美にフェティッシュにこだわり、絢爛とした造本の豪華本を刊行、「第一書房文化」と讃えられたことで知られる。

第一書房
Diichi Shobo
種類 個人商店
本社所在地 日本の旗 日本
102-0075
東京市麹町区三番町1番地
(現在の東京都千代田区三番町1番地)
北緯35度41分22秒
東経139度44分42秒
設立 1923年
業種 出版業
事業内容 書籍、雑誌の編集発行
代表者 長谷川巳之吉
主要株主 長谷川巳之吉
大田黒元雄
関係する人物 堀口九萬一
堀口大學
田部重治
特記事項:1944年3月末 廃業
テンプレートを表示

なお現在文京区本郷にある出版社・古書店の「株式会社第一書房」とは無関係である。

目次

略歴・概要編集

1923年(大正12年)、29歳の編集者・長谷川巳之吉が、東京市麹町区三番町1番地(現在の東京都千代田区三番町1番地)に設立した[1]

1929年(昭和4年)には福田清人が入社している。社員編集者に野田宇太郎十返肇斎藤春雄伊藤祷一伊藤文學の父)らがいた。堀口九萬一堀口大學父子、大田黒元雄田部重治らの翻訳や著作を多く出版した。「音楽と文学社」を名乗り自費出版していた大田黒は、第一書房を資金的にも大いに支援した。

1944年(昭和19年)3月末、同社が編集・出版する雑誌『新文化』の昭和19年3月号(通巻158号)に「第一書房 廃業御挨拶」を掲載、「出版一代論」を唱え、50歳にして「第一書房」を廃業[1]、一切の権利を大日本雄辯會講談社(現在の講談社)に譲渡した。同社は、21年の間に単行本759点、全集叢書22点、雑誌13種を出版した。長谷川はその後、神奈川県藤沢市大字鵠沼に蟄居する。社員の斎藤春雄、伊藤禱一は八雲書店に移籍した[2]

戦後、詩人の田中冬二、元社員の伊藤祷一らが、「第一書房」を再興しようと長谷川にかけあったが断られ、「第二書房」を設立している。

おもなビブリオグラフィ編集

雑誌編集

  • 汎天苑』、編集・発行長谷川巳之吉、1928年4月3日 創刊
  • パンテオン』、全6号、編集・発行長谷川巳之吉、1928年
  • セルパン』、編集・発行長谷川巳之吉(のち春山行夫が編集長)、1931年5月1日 創刊
  • リベルテ』、1932年11月1日 創刊
  • 北支』、編集加藤新吉、発行、1939年6月1日 創刊
  • 新文化』、編集・発行長谷川巳之吉(十返肇が編集長)、1944年3月1日 廃刊

書籍編集

1920年代編集

1930年代編集

1940年代編集

全集編集

関連項目編集

関連書籍編集

編集

  1. ^ a b コトバンクサイト内の記事「長谷川巳之吉」の記述を参照。
  2. ^ 斎藤茂吉『童馬山房夜話第一』(八雲書店、1944年7月)所収の茂吉による後記(同月20日付)の記述を参照。